楽曲解説:コロニー vol.1 心の作った街と胸の痛み

コロニー:基本情報:作詞作曲:藤原基央
作曲時期:2014年末~
録音時期:2015年初頭
録音場所:AVACO CREATIVE STUDIO
リリース:2015年4月22日
ライブ初披露:2015年7月30日 Special Live 2015 at インテックス大阪5号館

「コロニー」はBUMP OF CHICKENの24枚目のシングル曲です。映画「寄生獣:完結編」の主題歌として書き下ろされた曲で、ピアノのサウンドが特徴的なバラードとなっています。

 

この記事では「コロニー」の歌詞解釈、意味、制作エピソードなどを解説していきます。



制作スケジュール

2014年末 藤原が「コロニー」作曲
2015年1-2月 「コロニー」「Hello, world!!」レコーディング
3月5日 「コロニー」MV撮影
3月8日 CDジャケット打合せ
3月18日 スタジオライブ収録
4月22日 24th Maxi Single「コロニー/Hello, world!!」リリース

「寄生獣 完結編」主題歌

「コロニー」は2015年公開の「寄生獣 完結編」の主題歌として藤原基央さんが書き下ろしました。監督の山崎貴氏とは2006年から交流があり「コロニー」は5度目のタイアップです。

関連記事:東京五輪演出統括・山崎貴監督とBUMP OF CHICKENの関係

時間のない中、時間をかけて書いた曲

前作「パレード」に続き主題歌の依頼を受けた藤原基央さんは作曲に取り掛かります。ギターを弾き語りながら歌詞とメロディ、コード進行を組み立てていきました。

藤原 – 他の曲の1.5倍くらいは時間をかけましたね。

BUMP OF CHICKEN「Hello,world! / コロニー」インタビュー

「完成映像を見てから曲を書く」という条件を決めていた藤原さん。山崎監督側からの完成映像の出来上がりが遅くなった結果、納期が当初よりも短くなる中で無事に書き上げました。

“どこだろう 今痛んだのは” –

コロニー / 0:01~
どこだろう 今痛んだのは
手を当ててから わからなくなる

この二行の詞は藤原さんの胸の神経痛から生まれています。2014年3月に肺気胸の手術を受けており、手術後も胸の神経痛を感じることがあるそうです。

藤原 – この曲を書いてるときはその神経痛がちょっと強めだったんですね。「コロニー」はそれについて書くところから始まって(笑)。

BUMP OF CHICKEN「Hello,world! / コロニー」インタビュー

胸の痛み「モーターサイクル」(2010年)の歌詞<起きたら胸が痛かった>も肺気胸の痛みについて書いている。

個人的には<心の作った街>という表現が前年に行ったツアータイトル「WILLPOLIS 2014」とのつながりを感じました。MVの内容もWILLPOLISのツアー映像の世界観が踏襲されているような気がしますよね。



2種類のデモ音源

「コロニー」にはデモの段階では2パターンのアレンジがありました。

A  ドラムレス(パッド+シーケンサーのみ)

B  パッド+シーケンサー+曲途中からドラム

直井 藤原くんのボイス、シンセパッド、ピアノ、アコースティック・ギター、フィルターのシーケンス、それだけで十分素晴らしかったから。

升 だから自然に“生のドラムとしては今回やることないな”って思ったところからスタートして。

BUMP OF CHICKEN「Hello,world! / コロニー」インタビュー

最初に藤原さんがメンバーに聴かせたAパターンは終始パッド、シーケンサーだけで終わるアレンジでした。結果的に2番サビから升さんのドラムの生音を付け足すBパターンで制作が進行します。

ドラムレスのアレンジだったら「Spica」(2018年)のような感じだったのでしょうか。ぜひそっちのデモ音源も聴いてみたいですね。

Protoolsを駆使する升&CHAMA

升さんと直井さんのリズム隊は本格的にDTMソフト『Protools 』を使用してアレンジを詰めていくようになります。

直井 – 藤原くんからもらった「コロニー」の原型をもとに秀ちゃんが作ったリズム・パターンと僕のべースをPro Toolsに入れて、強弱をいじってから、例によって翌日プリプロに入って。

BUMP OF CHICKEN「Hello,world! / コロニー」インタビュー

直井 – 打ち込みの作業に慣れ始めたというか(笑)・・・今までなんどもやってきたけど、でも赤ん坊がパソコンを触っているようなものだったしね。

MUSICA 2016.03

藤原さんの作ったデモ音源を基にリズム隊の二人が各パートのアレンジを詰めます。そのあと藤原さんと増川さんにリズム隊デモを聴かせて確認をする、という流れで制作していきます。

関連記事:メンバー vol.4 – 作曲から音源化までの流れ-レコーディング(前編)

ライブではmidiキーボードを直井が演奏

midiキーボードを演奏する直井由文 embedded from ure.pia.co.jp

「コロニー」の1番のサウンドはピアノとアコースティックギターが主体となっており、ライブではベーシストのCHAMAさんがmidiキーボードを演奏してピアノの音を再現しています。

ライブでのmidiキーボード使用曲angel fall、虹を待つ人、コロニー



MVは山崎貴監督

embedded from Twitter@boc_chama

2015年3月5日、合成用のグリーンバックに撮影に臨むBUMP OF CHICKENの4人。映像は山崎貴監督により製作されました。

ライブ演奏記録

2015年7月30日インデックス大阪5号館「BUMP OF CHICKEN Special Live 2015」。アンコールでツアーTシャツ(通称:サメTシャツ)着て「コロニー」を演奏するを藤原基央

使用機材

2015年 藤原基央 Gibson J-45
増川弘明 Gibson Les Paul Standard *スタジオライブではFender Telecaster
直井由文

過去3回演奏、2度の映像化

2018年現在、「コロニー」はライブで3回のみ演奏されています。2015年のSpecial Live2回、夏フェス1回です。シングルとしては未演奏曲「モーターサイクル」につぐ回数の少なさです。

それにも関わらず、2回ライブの模様が映像化(ひとつはスタジオ収録ライブ)されており、手軽にライブバージョンを楽しむことができます。BUMP OF CHICKENでは割と珍しく「運のある」楽曲ですね、やらない曲は本当にいつまでもやらないので・・・(笑)

「コロニー」ライブ映像収録作品「コロニー/Hello,world!」初回限定番特典「コロニー」スタジオライブ映像
「Butterflies」 初回限定番特典 「Special Live」ライブ映像

   

以上、「コロニー」について紹介しました。またライブで聴けるといいですね。