2011年一覧

楽曲解説:ゼロ vol.2 – レコーディング編 姉からもらった民族楽器ウドゥ-

ゼロのイントロはAマイナーのオンコードで紡がれるアルペジオが印象的です。イントロの裏でパイプオルガンのようなメロトロンの音が鳴っていたり、ウドゥと呼ばれる打楽器で古代的な、民族的な演出がされています。これはプロデューサーMORさんのアイデアが採用されました。

楽曲解説:ゼロ vol.1 – 作曲編 設定イラストからのインスピレーション

ゼロのイントロはマイナーのオンコードによるアルペジオによる重い響き、途中から入ってくるパイプオルガンと打楽器により民族的かつ荘厳な印象をもたせます。 藤原さんは最初に頭の中でこのイメージを作り、それをギターでコード付けしていきました。想像した通りに当てはまったそうです。

BUMPの歴史- biography – *2019/6/24更新

The Beatlesの「Twist and Shout」「Stand by me」とLadis Roomから「Get Lost」の計3曲を演奏。体育館でのライブは全員体育座りしていた生徒が総立ちになる程大成功となり、一躍学校のヒーローになる。藤原はライブ後、好きな女の子に告白する予定だったが女の子すら来てくれず...