コラム:「リリィ」のデモテープは本物?検証記事

2020年初頭、大手オークションサイト「Yahoo!オークション」にBUMP OF CHICKEN「リリィ」のデモテープが出品されました。

これまでのBUMP OF CHICKENのデモテープとは異なり、おそらく初めて世に出た「リリィ」のデモテープです。

それではテープは本物なのか、偽物なのか検証してみます。


BUMP OF CHICKENの「リリィ」

「リリィ」はBUMP OF CHICKENの「THE LIVING DEAD」収録曲です。ボーカル・ギター藤原基央さんがインディーズ時代に書いた私小説的ラブソングとして有名な楽曲です。

ハイライン版「THE LIVING DEAD」 (2000年)

「リリィ」の制作背景やエピソードはこちら!

オークションに出品されたもの

リリィ デモテープキャッシュデータより直接引用

オークションサイト Yahoo!オークション
出品開始 2019年12月頃〜
出品終了 2020年2月16日

このテープの真贋を検証するために以下に論点をまとめました。

検証の論点

デモテープについて

1. TOY’S FACTORYのカセットテープは本物

2. 音源は「THE LIVING DEAD」収録のものと同じ(と思われる)

3. 記載情報は曲名とバンド名のみ

出品者の方について

4. 出品者はプロフェッショナルな中古販売業者

それでは各項目ごとに説明していきたいと思います。

1. TOY’S FACTORYのデモテープ

カセットテープ本体の左下に印字されている電話番号は当時の代表・総務受付番号で整合性があります。

リリィ デモテープ「リリィ」デモテープ  Embedded image from Yahoo!オークション

比較対象としてMr. Childrenのデモテープを見てみましょう。「Side A/B」(左側)「NOT FOR SALE」(右側)の印字が同一で、カセットテープ自体は本物だと考えられます。

Mr. Children デモテープMr. Children「花 – Mement Mori-」デモテープ。タイトル・バンド名の記載がある。Embedded image from Mercari.jp


ただし疑問としては、当時ハイラインレコーズが権利を持っていた楽曲をトイズファクトリーのロゴ付きデモテープに収録されているというのは不自然です。

2. 記載情報は曲名・バンド名のみ

ケースには「BUMP OF CHICKEN」と「リリィ」のみ、テープには収録内容に関する記載は一切ありません。

リリィ デモテープ

外部(音楽雑誌やCD販売店)に配布する資料の場合、通常はリリース日、収録作品名、品番などの詳細な情報が入っています。ラジオ・テレビ局に配布するサンプル版も同様で必ず記載されています。

jupiter デモテープ BUMP OF CHICKEN「jupiter」配布デモテープ。社外配布用には発売日や型番等が記載される。 embedded image from Mercari.jp

「リリィ」のデモテープが真作である場合、(1.で書いた通り)他社が権利を持つ楽曲をトイズファクトリーのロゴを記載して外部提供するということは考えられないため、社内資料として作られたかなと思いました。

裏を返せば、作り込みが陳腐とも言えるので単に偽物である可能性もあります。仮に社内資料であれば「THE LIVING DEAD」のCDがあるのになぜテープに作った?という疑問。

3. 収録音源は「リリィ」1曲

出品者が「リリィが問題なく再生できる」と答えていること、そしてこの出品者がBUMP OF CHICKEN専門のせどり屋ではないことから、おそらくCD音源(「THE LIVING DEAD」)と比較したと考えられ、未発表のデモテイクなどではないと推測されます。




デモテイクの段階であれば簡易なラベリングも理解できますが、流通しているCD音源と同じとなるとなぜこのテープが作られたのか、という目的に謎が残ります。

4. 出品者はコレクション専門のせどり屋

出品者は完全なせどり屋です。総取引数5300件以上、現時点の出品数は3000件にのぼります。独自の仕入ルートを持つ専門的に中古品販売を行う業者です。

通常この規模のせどり屋は偽物を作成しません、本物だけで利益が出るからです。5000件を超える取引評価は非常に高く、安易に贋作を作るような致命的なリスクは負わないと思います。

一方、出品している他のデモテープの価格は2,000~5,000円であり、「リリィ」のデモテープの価格だけ突出していました。「BUMP OF CHICKENは高く売れる」と認識していたのであれば意図的な値付けの感じはします。

補足:過去に偽物が作られたデモテープも

BUMP OF CHICKENのデモテープは偽物も一部流通しています。「18 years story」「BUMP OF CHICKEN(3曲入りデモテープ)」などは流通量の少なさから真贋判別基準も未熟で、過去に悪質な贋作が作成・販売されました。

「BUMP OF CHICKEN」(左)と「18 years story」(右) のデモテープ

偽物を販売して利益を得るなら、すでに高額(20,000-100,000円)で取引されているテープの偽物を作成する方が合理的であり、TOY’S FACTORYのカセットメディアを使ってまで信憑性の怪しいデモテープを作成することは考えにくい、というのが正直な印象です。

結論:30〜40%の確率で本物

ズルい書き方ですね…!うーん、情報量が少ないのでこれが精一杯です。

本物の根拠として

(1) この業者が贋作のデモテープを作る理由はない

(2) カセットテープ自体は本物(と思われる)

で、偽物の根拠として

(1) 収録内容(選曲、曲数)とケースラベルの情報が不自然

(2) せどり屋に販売した第三者が偽物を作成

要するに「外部に出すにはおかしい、社内資料としても不自然」だけど「この出品者が偽物を作る理由がない」といえます。

個人的には「本物だとしても別に要らないかな」という印象だったのでスルーでした。

デモテープ「リリィ」が作られた目的はなにか?

ここからはデモテープが本物である仮定して書いていきます。

「THE LIVING DEAD」制作をしている頃、トイズファクトリーはBUMP OF CHICKENにメジャー契約のコンタクトを取り始めました。

ーーーではメジャーデビューに関係するデモテープなのか?

その可能性は否定できません。たとえば社内資料として簡易的に制作されたもの、と考えることはできなくもない…か。

ーーー2004年の「THE LIVING DEAD」再販のための資料?

その可能性もありますが、その場合 「なぜ”リリィ”なのか」「なぜ1曲だけなのか」という疑問が残ります。

「BUMP OF CHICKENというバンドをデビューさせたい」「廃盤になるCDを再販したい」という資料であれば完成音源「THE LIVING DEAD」のCD自体を使えば済むはずなので、この真相は関係者のみ知る、というところでしょうか。

以上、「リリィ」のデモテープを検証してみました。もしさらにお詳しい情報をお持ちの方、ご連絡をお待ちしております。



(Visited 2,299 times, 7 visits today)