未発表曲vol.2:6種類のリトルブレイバー 「三日月版」「暗闇版」「何為版」…

以前書いた記事インディーズ時代の未発表曲①では主に10代の頃に演奏していた英語詞の曲を紹介しました。

BUMP OF CHICKENの「リトルブレイバー」には特別なライブバージョンが数種類存在します。ネットでは「三日月版」「暗闇版」「何為版」などと呼ばれていますが、実はもう数種類、「何もなくて版」「殺されかけた版」「大切なもの版」など全部で6種類以上の未発表バージョンあります。

『FLAME VEIN』(1999年) UKプロジェクト版

この記事では「リトルブレイバー」の未発表バージョンについて紹介します。



リトルブレイバーの未発表バージョンとは

Image embedded from Pinterest

「リトルブレイバー」の特別版とはライブ限定の歌い出しのことです。

原曲はギターアルペジオのイントロから始まる曲ですが、特別版はイントロの前にボーカル・ギターの藤原基央さんが当日の楽屋やステージ上で考えた即興の歌詞とメロディを付け足したバージョンです。ライブごとに歌詞とメロディが異なるため、特別版にはいくつものバージョンが存在します。

特別版が披露された3年間

この投稿をInstagramで見る

BUMP OF CHICKEN Official Instaさん(@bumpofchickenofficial)がシェアした投稿


特別版は2001〜2003年の約3年間披露されています。

リトルブレイバー特別版の演奏公演
2001.04.06 大阪BIG CAT
2001.08.07 名古屋E.L.L
2001.09.14 大阪BIG CAT
2001.09.20 赤坂BLITZ
2002.12.05 ZEPP FUKUOKA
2003.xx.xx *
2003.06.11 赤坂BLITZ

*最近、2003年の某ライブで演奏された事が判明しました。内容はこれまでのどの種類のものでもない歌詞のため新しい未発表バージョンです。情報を整理してアップデートします。

天体観測」リリース時期から『ユグドラシル』制作直前まで、割と長いスパンで披露されています。特別版は2003年を最後に披露されていません。

特別版は藤原基央のモード次第

この投稿をInstagramで見る

BUMP OF CHICKEN Official Instaさん(@bumpofchickenofficial)がシェアした投稿


藤原さんが特別版を披露するタイミングは法則性がなく予測が不可能です。

Surf Porkin’
2001.09.14 大阪IMP HALL *特別版披露
2001.09.15 大阪IMP HALL
2001.09.19 赤坂BLITZ *特別版披露
2001.09.20 赤坂BLITZ

「リトルブレイバー特別版」は必ず演奏されるわけではなく、2DAYSの1日目に披露されたとしても2日目に演奏されなかったりします。全国ツアーの中で1都市1回というわけでもなく、同じツアーで全く披露しない公演が続くこともありました。

藤原さんは「リトルブレイバー」の演奏に入る前にアドリブのギターを弾きます。特別版を披露していた時期もタメを作ったり、歌い出しそうな雰囲気を醸しながら歌わなかったりと本当にその時の雰囲気や気持ちで決めていました

リトルブレイバー三日月版

何を以って勇気と呼んで
何を以って愛と呼ぶ
僕はここにいる意味は
何をもって証明される
いつか話すだろう 三日月の夜に
君の眼が濡れたとき
いつか歌うだろう 三日月の夜に
君の眼が濡れたとき
暗闇に歌を放つ仔猫のように
暗闇に歌を放つ仔猫のように
できないことなんて ひとつもないさ

2002.12.05  ZEPP FUKUOKA

「三日月版」は2002年12月5日 LOVE&PORKINツアー ZEPP FUKUOKA公演で披露され、ラジオ番組「PONTSUKA!!」(2002年12月22日O.A.)でオンエアされています。

三日月版だけ他のバージョンとコード進行が異なり、ギターはハイフレット(高い音が出る位置)を使用しているなどの特徴があります。

リトルブレイバー暗闇版

暗闇の中で 君を呼ぶ声
暗闇の中で 助けを呼ぶ声
遠く 遠く 暗闇の中で
君には聞こえてる
どんなふうに日々を 大切に生きても
僕らは忘れてく
どんなに1秒を 抱きしめたとしても
僕らは忘れる
大切な人の顔や くれた言葉や
愛しい愛しい この時間も
少しづつ少しづつ 忘れてしまう
ただ 忘れないで
今君がそこにいて その手を
高く遠く誇らしくかかげた今を
暗闇に歌を放つ仔猫のように
暗闇に歌を放つ仔猫のように
できないことなんて ひとつもないさ

2003.06.11 赤坂BLITZ




「暗闇版」は2003年6月12日 NINJA PORKINGツアー最終日の赤坂BLITZ公演で披露されました。この時の音源は「PONTSUKA!」(2003年6月15日O.A.) でオンエアされています。

リトルブレイバー何為版

何の為に 誰の為に
僕らは生まれてきたのでしょう
何の為に 誰の為に
僕らは生きているのでしょう
歳をとれば 背も伸びて
言葉もたくさん覚えたよ
歳を取っても 時が経っても
何を誇ればいいのです
暗闇に歌を放つ仔猫のように
暗闇に歌を放つ仔猫のように
できないことなんて
ひとつでもあるかい

2001.04.06 大阪BIG CAT

「何為版」は三日月版、暗闇版と同様ネット上では出回っているバージョンのひとつです。2001年4月6日の大阪でのライブ(「スターポーキングツアーズ2001」)で披露されました。

YouTubeで歌っている方がいるので参考に貼り付けておきます。


リトルブレイバー何もなくて版

何もなくて 何もなくて
空回りしてる僕
何をもって 何をもって
勇気を呼ぶ気だろう
誰が僕を見て 誰が僕を呼んで
その目を放つの
誰が君を呼んで 誰が君を呼んで
今をここに生きてる
暗闇に歌を放つ仔猫のように
暗闇に歌を放つ仔猫のように
できないことなんて
ひとつでもあるかい

2001.08.07 名古屋E.L.L

「何もなくて.ver」は2001年8月7日にSurf’ Porkin名古屋公演で披露されたバージョンです。まだ試作段階のような感じをうかがわせるコード進行です。

リトルブレイバー大切なもの版

僕の前に 今いるあなた
何を思ってそこにいるの
僕の前に 今いるあなた
何を思って生きてるの
大切なものはなんだい
清々しいものかい
僕に少しでも 見させてくれないか
いつだってここで
その腕の中で
君の名前を呼んでるんだよ
暗闇に歌を放つ仔猫のように
暗闇に歌を放つ仔猫のように
出来ないことなんて
ひとつもないぜ

2001.09.14 大阪BIG CAT

「大切なもの版」はほとんど知られていないバージョンです。「Surf Porkin’」の大阪公演1日目で披露されました。この日は新曲「ハルジオン」を初披露した日でもありました。
<その腕の中で>という言葉は「embrace」を連想させます。「embrace」は「K」に登場した黒猫と出会う絵描きの歌だという説はここから生まれたのかもしれません。

リトルブレイバー殺されかけた版

生きてることが 嘘みたいに
思えた夜もあったね
生きてるという そんな事実に
殺されかけたこともあったね
僕の目の前に 立ってる人
何を見てるの
僕の顔なんか 忘れてもいいよ
僕の顔なんか 忘れてくれよ
ただ 忘れないで
今君がそこにいて その手を
高く遠く挙げるこの日のことを いつも
目を閉じてたって
ちゃんと見えるだろう

2001.09.20 赤坂BLITZ

「殺されかけた.ver」は強烈な印象を与えます。「生きてることが嘘みたい」と生を実感できずにいる歌詞、そして何よりも「殺されかけた」という言葉。藤原さんのつくるBUMP OF CHICKENの曲の中には一回も出てきたことのない言葉です。この日はツアー最終日であり、それまで歌ってきた「何もなくて版」と「大切なもの版」をつなぐ一つの到達点の歌です。藤原さんの思いが洗練され、より真っ直ぐに伝わってきますね。

まとめ


三日月版、暗闇版、何為版、何もなくて版、大切なもの版、殺されかけた版と6種類のリトルブレイバーを紹介しました。どれも共通して「暗闇に歌を放つ仔猫」がサビになっています。

そしてどれも”生きる”ということに疑問を感じ、相手を忘れようとも、相手に忘れられようとも、”生きよう”としている歌詞です。2003年以降、演奏されていませんが今後のライブでまた復活してほしいですね。