楽曲解説:バイバイサンキュー vol.1 – ベルギーへ行く友人に贈った「弱虫賛歌」*5/3更新

バイバイ、サンキュー
作詞/作曲:藤原基央
作曲:1996年(弱虫賛歌) 作詞:1996年、2000~2001年
レコーディング:2000~2001年1月頃
リリース:2001年3月14日 (3rd Maxi Single「天体観測」収録)
ライブ初披露:2002年12月3日 LOVE&PORKIN at 難波Hatch
ライブ最終披露:2008年1月28日 ホームシック衛星 at 京都KBSホール

バイバイサンキューは3rd Single「天体観測」のカップリング曲として収録されている曲です。

BUMP OF CHICKEN初の3拍子の曲で、いわゆる「ハネモノ」の曲調が印象的なミディアムナンバーです。それまで8ビート主体のロックナンバーが多かった彼らの楽曲にとっては当時異色で、彼らの音楽性の幅を広げた1曲と言えます。

60万枚の大ヒットシングルのカップリングとしてのイメージが強いバイバイサンキューですが、実はこの曲はボーカルの藤原さんが16歳の時に書いたという、バンドの中でも古い歴史のある曲でした。




ベルギーへ留学する先輩

日出学園高等学校校舎 Wikipediaより

藤原 – 曲自体は、天体観測より5年くらい前に書いてたんですよね。1996年とか。 

もともと「バイバイ、サンキュー」ではなく「弱虫賛歌」という曲名で、ボーカルの藤原基央さんがベルギーに留学する高校の先輩へプレゼントした曲でした。

1995年、藤原さんは日出学園高校に入学するも1年生秋に自主退学します。約半年間という非常に短い高校生活の中でも、藤原さんにはお世話になった先輩がいました。

先輩とバンドを組んでいた藤原

その先輩と藤原さんはバンド仲間という関係でした。メンバーはボーカル、ギター、ベース(先輩)、助っ人ギター(藤原さん)、そしてドラムは藤原さんに”連れてこられた”佐倉高校の升さん(!)です。このバンドについては直井さんや増川さんも認識しています。

1996年、卒業後ベルギー留学を控えている先輩に「なんか1曲書いてよ」と言われて書いたのが「弱虫賛歌」です。先輩が寂しいはずなのに強がっているのが不服で、「最後くらい寂しいって言えよ(笑)」って思いから“ひとりぼっちは怖くない”と呪文のように作詞作曲しました。




タイトルは『弱虫賛歌』

藤原 – 寂しいのに、素直になれよっていうメッセージ。エールではない。  

藤原さんは「弱虫のくせに!」という思いから「弱虫賛歌」という曲名にします。BUMP OF CHICKENの4人で購入したMTRに録音(歌とアコースティックギター)してテープにして渡しました

その先輩とは現在は連絡を取り合っていないようですが、日本に帰国したあと”自分を表現する仕事”をしているそうです。近況を知っているくらいには、関係が続いているのでしょうね。

弱虫賛歌のバンドバージョン

カセットテープは藤原さんの弾き語りでしたが、「弱虫賛歌」のバンド演奏をBUMP OF CHICKENで試したことがありました。しかしドラムの升さんが3/4拍子を全く叩けず、「こりゃダメだと思って(笑)、それからお蔵入り」になりました。

升 – あんまり覚えていない。っていうか、全く覚えていない。たぶん、一瞬でその話は終わったんだと思う(笑) 

メンバー曰く、この当時の升さんはXJAPAN好きのヤンキーだったそうです。お蔵入りになった敬意を覚えていないところが升さんらしいですね。

「弱虫賛歌」から「バイバイ、サンキュー」へ

3rd Maxi Single「天体観測」2001年3月25日リリース


2000年秋〜冬、藤原さんが天体観測の作詞している頃に、ふと「弱虫賛歌」の詞を思い出します。未完成だった詞を一部変えて「バイバイ、サンキュー」という新しい曲名をつけ、天体観測のカップリング曲として収録されることになりました。

この頃には升さんもドラムが叩けるようになっていました。ベースの直井さんにとっては”スイートエモーション時代”(感じるままにベースラインを付けていた頃)の曲です。

直井 – 2年後にこのベースすっげぇうるさい!って思ったのは覚えてる。

まとめ

こうし て2001年に陽の目を見ることになったバイバイサンキュー 。曲の原型が16歳の時に書かれたとは、藤原さんの才能は若い頃から秀でていたのだなと思います。

実際はFLAME VEINの楽曲(ナイフ、くだらない唄、アルエ)などと同じくらい古い楽曲に位置します。バイバイサンキュー を聴くときにこんな裏話があると思うと、また別の聴き方ができるのではないでしょうか。

以上、弱虫賛歌とバイバイ、サンキューについての紹介でした

*2018/5/3追記

PVロケ地とライブ演奏については楽曲解説:バイバイサンキュー vol.2 – PVロケ地とライブ演奏について という記事で紹介しております!ぜひ合わせて読んで頂けると嬉しいです。