コラム:直井由文の不倫と活動休止について思うことを綴る

9月25日、BUMP OF CHICKENの藤原基央さん、増川弘明さん、升秀夫さんの3人は連名でコメントを出し、直井由文さんの一時活動休止、直井さんを除く3人でのバンド活動継続を発表しました。直井(チャマ)さんの不倫報道に端を発した一連の騒動について、ずっとBUMP OF CHICKENを見てきた筆者として思うことを書きます。

(以下、敬語を省きます)



なぜ直井の行動が問題視されるのか

不倫には2種類あると思っている。

  1. 当人同士が不倫と理解しているもの
  2. どちらかが結婚を隠して結果的に不倫しているもの

どちらも結婚をしている側の家族を裏切っていることに違いないが、正直1に関しては「大人なんだから、当人同士ヨロシクやってくれ」という感じである。第三者であるマスメディアや私達が正義を振りかざしてあれこれ言うべきではない。

しかし直井の不倫は2のパターンだった。妻子持ちである事実を隠してA子さんと交際し、相手の心を傷付けた。ここに正義はない。

家族を守るための「嘘」が誰かを傷つけるための「嘘」になったこと

BUMP OF CHICKENの楽曲は老若男女問わず心に響くものだ。一方でメンバーの顔立ちや4人の仲の良さに魅力を感じ、それを切り口としてリスナーになった層がいることも事実である。とりわけインディーズ時代は女性のファンが多く、当時からアイドル的な歓声が上がっていた。

やがてBUMP OF CHICKENは日本を代表するアーティストになり、自分達や家族を守るために徹底的な秘密主義とプライベートを守るようになった。それは理解できる。しかし家族を守るための「嘘」が、結果的にそれがA子さんを傷付けるための「嘘」となってしまった事が問題なのである。

誰かを守るためのバンドが人の心を傷付けたという事

前述の通り、当人同士が納得している不倫なら「ヨロシクやってくれ」で済んだかもしれない。しかしA子さんは傷を負ってしまった。

A子さんは直井と破局後、自己嫌悪と直井の妻への申し訳なさから不眠の日が続き円形脱毛症になってしまったという。夢では、会ったこともない彼の奥さんが出てきて、『なんで』『どうして』と私は詰め寄られていました。今でもバンプの歌がお店などで流れているのを聴くと、当時のことを思い出してしまいます。

引用元:「週刊文春オンライン

BUMP OF CHICKENの楽曲が流れると心を痛めてしまうというトラウマを植え付けてしまったことはあまりにも悲痛な事実である。誰かを守ろうする音楽を奏でてきたBUMP OF CHICKENが誰かを傷付けてしまったということに、多くのファンはショックを受けた。



コメントから読み取るメンバーの感情

報道から1週間後、藤原と増川と升の3人は連名でコメントを発表し、当面の間は直井を除く3人でBUMP OF CHICKENの活動を継続することを発表した。文章からは3人の目まぐるしい感情ーーー怒り、悲しみ、自責の念を感じた。

我々メンバーとスタッフからは、直井へ活動休止を提示し、これを彼は、誤りに対して償い、自身の生き方を見つめ直し、日々助けてくださっていた人達の大切さを改めて学び更生するための機会として自ら捉え、受け入れました

引用:BUMP OF CHICKEN Official Website

驚いたのはメンバー3人から直井に対して活動休止を提示したことだった。だが同時にBUMP OF CHUCKENらしいとも言える。家族よりも長い時間を一緒に過ごしている身内だからこそ、あえて突き放しているように見える。

また「PONTSUKA!!」で藤原が涙ぐみながら語った言葉の数々にも悔しさが滲み出ていた。誰よりも怒っているし、誰よりも直井のことを信じている、そんな風に感じた。

3人での活動継続は「正解のない選択肢の中での最適解」

今後の事につきましては何度も話し合い、BUMP OF CHICKENとしての一切の活動を止めるべきなのではないかというところにまで及びましたが、応援してくださっている方々に対して、我々が担っていくべき責任は、今我々に出来る活動の全てを全力で続けていく事なのではないか、という考えから、当面の間、BUMP OF CHICKENは直井を除いたメンバー三人で活動していく、という結論に至りました。

引用:BUMP OF CHICKEN Official Website

3人でのBUMP OF CHICKENの活動を継続するということも、バンプらしさを感じた。1週間後には新曲「アカシア」を提供した「ポケットモンスター スペシャルMV『GOTCHA!』」の公開が迫っていたし、ひとつの大人の責任の取り方をだと思う。まだ未発表のタイアップもあると予想され、3人のプロモーション活動はきっちり行うという「正解のない選択肢の中での最適解」を選んだと言えるだろう。

ただ、もしも藤原、増川、升の3人が「BUMP OF CHICKENの活動休止」を選んだならば、タイアップ先に違約金を払ってでも活動を止めたのではないだろうか。藤原はそういうスジを通すタイプの男だ。

今後の3人での活動はどうなるのか

おそらく形に残るCDやライブ活動は行わず、レコーディング済みの楽曲でタイアップが決定しているものがあればリリース、3人でのプロモーション活動ではないかと推測する。

形に残さないようにするのは直井個人への配慮というよりも、ベーシストはバンド理念を理解できる者であるべきだという「BUMP OF CHICKEN」の純度を高めるためだ。もし本当に「スジを通さなければならない=新録する必要がある」事情が出来たとしたら、藤原がベースラインを入れるかもしれない。

余談であるが「飴玉の唄」をデモ音源を録る際に、急性胃腸炎で入院した直井に変わりベースを仮レコーディングする藤原の写真が高橋日記で掲載された事がある。また18-19歳の時には増川が浪人中であったため、藤原、直井、升の3人でライブに出たこともある。

直井の復帰はいつか

前述の通り、誰かを守る音楽を奏でてきたBUMP OF CHICKENが誰かを傷付けたということ、藤原はこの事実を一番重く受け止めている。

直井が復帰して、これまでと同じように活動をしてBUMP OF CHICKENの楽曲が街で流れることでA子さんはまた傷ついてしまうのであれば、本質的な問題の解決にならない。

A子さんや妻子が許さない限りBUMP OF CHICKENへの復帰は認めない、時間の問題ではない、藤原ならそうしそうである。早い段階で相手方に理解を得られれば結成25周年となる来年2月11日かもしれないし、あるいはもっと先かもしれない。

友人へ戻った4人がバンド仲間に戻れる日

直井がバンド活動から離れたとしてもメンバーは決して見捨てはしないだろう。もしかしたら頻繁に直井に会いに行っているかもしれない。

かつて藤原が高校中退して家に引きこもっていた時があった。その時はBUMP OF CHICKENのメンバーを含む地元の友人達が家を訪れて、藤原の顔を見にきた。今回はその逆だ。

2004年「ユグドラシル」でBUMP OF CHICKENは前に進んだ。藤原は「同じドアをくぐれたら」のレコーディングでメンバーに対する手向けの曲として捧げ、バンドとしての覚悟を求め、メンバーはそれに応えた。直井にはどうかその時を思い出して、再びBUMP OF CHICKENの道を進んで欲しい。

今回の直井の活動休止は、BUMP OF CHICKENのベーシストは直井以外いない、それを全員が分かっているからこその厳しい決断を下したのだと思いたい。また4人の姿をステージで見れる日が来ることを願う。



(Visited 525 times, 6 visits today)