News:東京五輪演出統括・山崎貴監督とBUMP OF CHICKENの関係

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、五輪演出統括に映画監督・山崎貴さんを選出しました。山崎貴さんとBUMP OF CHICKENは関係が深くこれまで映画などで何度もコラボレーションをしています。

今回は山崎貴監督とBUMP OF CHICKENの関係と4人のステージ出演の可能性について紹介します。




山崎貴監督とBUMP OF CHICKENのコラボ一覧

※クリックすると拡大します。

BUMP OF CHICKEN × 山崎貴監督
2006「涙のふるさと」- TVCM LOTTE「エアーズ」
2007「花の名」- 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』
2008「グッドラック」- 映画『ALWAYS 三丁目の夕日 ’64』
2014「パレード」× 映画『寄生獣』
2015「コロニー」× 映画『寄生獣 完結編』




BUMP OF CHICKENと出会ったきっかけ

embedded from Rockin’on.com 

きっかけは2006年、山崎貴監督がLOTTE チョコレート「Air’s」のCM制作を引き受けた時から始まります。広告会社から渡された挿入曲候補の一覧の中に”BUMP OF CHICKEN”の名前を見つけ、当時からファンだった山崎貴監督は躊躇なくオファーを出しました。

藤原 - ラフ映像だったんですけどそこから伝わってくるエネルギーの量に、まず驚かされまして、あとは愛を感じまして。

B-PASS 2007.01

次の項では各タイアップの内容を紹介します。

2006年 – 「涙のふるさと」

LOTTE エアーズ TVCM

9月、製菓メーカー・ロッテのチョコレート「エアーズ」ののCM挿入曲として起用されます。CMには当時人気絶頂だった元女優の堀北真希さんが出演しています。

制服姿のPVも製作

embedded from BUMPはNo,1!!!

「涙のふるさと」はシングルリリースされ、プロモーションビデオの映像監督も山崎貴さんが引き受けています。”TVCMの続編”というコンセプトで製作され、映像にはCMと同じく堀北真希さんが出演、メンバーの4人も学生服姿で登場しています。

2007年 – 「花の名」

映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌に「花の名」が起用されます。山崎貴監督から熱烈なオファーを受け続けるも、一度固辞します。映画の縛りを受けることなく「BUMP OF CHICKENの楽曲」を提供するということで了承し、2度目のタイアップが実現しました。

藤原- 曲というよりも僕らそのものを望んで頂いているようだったんで、いつも通りでいいんだなと解釈しまして、やりたいようにやったもので良ければ喜んでということでお引き受けしました。

ORICON STYLE 2007.10.24

前作に続いてPVも

embedded from 同じ食べるならおいしいものを食べたい

シングル「花の名」のPVも山崎貴監督により製作されています。前作「涙のふるさと」に続き2作続けての監督となりました。

2012年 – 「グッドラック」

映画『ALWAYS 三丁目の夕日 ’64』


5年ぶりの新作となった映画『ALWAYS 三丁目の夕日 ’64』の主題歌としてBUMP OF CHICKENの「グッドラック」が使用されています。前作同様、山崎貴監督側からの熱烈オファーをもらい、前作では簡単に了承しなかったBUMP OF CHICKEN側でしたが、この頃にはすんなりと了承しました。

藤原 – 「グッドラック」は、2回にわけて作ったんですね。(中略) 残りの半分を作る前に山崎貴監督から「『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編を作るので、また主題歌をお願いできませんか?」というオファーをいただきまして、それから制作途中の映画を見せてもらったんです。

natalie music

PV

embedded from Pinterest

これまで同様「グッドラック」のPVも山崎貴監督に手がけられています。CDの初回特典版には特別短編映像も付録されており、山崎貴監督により作られました。本当に山崎貴監督はバンプが好きなようです




2012年 – GOLD GLIDER TOUR OP映像

初めてBUMP OF CHICKEN側から山崎貴監督にオファーをします。 全国ツアー「GOLD GLIDER TOUR 2012」のオープニング映像監督を山崎貴さんに依頼します。フランスの漫画家ジャン・ジローが書いた漫画をもとに3D映像製作されました。

2014年 – WILLPOLIS 2014 OP映像

2014年の全国ツアー「WILLPOLIS 2014」でもBUMP OF CHICKEN側のオファーにより同OP映像を山崎貴さんが監督します。登場人物のモーションアクターとして俳優の松坂桃李さんが起用されています。

embedded from bumpofchicken.com

2014年 – 「パレード」

映画『寄生獣』

人気コミック原作の映画『寄生獣』の主題歌として「パレード」が使用されています。これまでとは異なり、藤原さんは「寄生獣」のために新曲を書き下ろしました。PVも山崎貴監督により手掛けられています。映画をモチーフにVFX技術を駆使した独特の世界観の映画となっています。

2015年 – 「コロニー」

映画『寄生獣 完結編』

前年に公開された映画の続編『寄生獣 完結編』の主題歌として「コロニー」がタイアップされます。「パレード」同様「コロニー」も藤原基央さんによる書き下ろしです。

藤原 – 山崎監督とみんなでごはん食べる機会があって、そのときに「寄生獣を撮ってるんだよ」って聞いて。

natalie music

この頃にはBUMP OF CHICKENのメンバーと山崎貴監督はプライベートでも会う仲になっており、全国ツアーに招待したり、一緒にご飯を食べたりしているようです。




BUMP OF CHICKENの五輪出演の可能性

さて、みなさんが気になるのはBUMP OF CHICKENの開会式/閉会式出演の可能性ですよね。私は、セレモニーのステージに立つ可能性はほとんどないと思います。ただしBGM製作などの裏方としての協力は十分にありえると考えています。

椎名林檎さんの存在

embedded from www.zenkyu-net.com

野村萬斎さん、山崎貴さん、佐々木宏さんの3人を補佐する「総合チーム」のメンバーとして音楽家の椎名林檎さんが選出されています。椎名林檎さんは2016年リオ五輪閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーで演出を担当し、世界中から賞賛されました。

あくまで「演出統括」の山崎貴さんを助けるポジションですが、椎名林檎さんがいるとなると山崎貴さんとしたら音楽面では彼女に一任するのではないでしょうか。

出演するアーティストの条件

出演条件は特段規定されていませんが、やはり過去の各国大会を見てみると「国民的」「文化的」「グローバルな活動を行なっている」などの観点で選ばれているようです。

日本で広く愛され、尚且つ海外でも人気という観点でみるとX JAPAN、布袋寅泰、Perfume、坂本龍一、BABY METAL、ONE OK ROCK、AKBグループ等、BUMP OF CHICKENよりも条件に該当するアーティストが多いと思います。

山崎貴監督からのオファーはありえる

山崎貴監督の映画作品

ジュブナイル(2000年7月)
リターナー2002年8月)
ALWAYS 三丁目の夕日 Always (2005年11月)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 Always (2007年11月)
BALLAD 名もなき恋のうた Ballad(2009年9月)
SPACE BATTLESHIP ヤマト (2010年12月)
friends もののけ島のナキ Friends: (2011年12月)
ALWAYS 三丁目の夕日’64 Always  (2012年1月)
永遠の0(2013年12月)
STAND BY ME ドラえもん(2014年8月)※八木竜一との共同監督
寄生獣・寄生獣(2014年12月)
寄生獣・寄生獣 完結編(2015年4月)
海賊とよばれた男(2016年12月)
DESTINY 鎌倉ものがたり (2017年12月)
アルキメデスの大戦(2019年夏公開予定) 

一方で山崎監督御用達のアーティスト=BUMP OF CHICKENという構図があります。15本の映画作品のうち4本もの主題歌を担当していますし、山崎作品で複数主題歌を担当しているのはBUMP OF CHICKENだけです。

裏方として協力の可能性

embedded from Twitter@cx_mezamashi

BUMP OF CHICKENがステージに立つことはないですが、楽曲提供と言う形で協力する可能性が高いと思います。

数十分間パフォーマンスが繰り広げられる開会式/閉会式では、多くのBGM楽曲が必要になります。BUMP OF CHICKENの楽曲にはインストゥルメンタル楽曲もあり、縁のないアーティストに声をかけるくらいなら山崎監督自身のコネクションで彼らが起用される可能性は十分にあるのではないでしょうか。

答え合わせは2020年になってから、ということになりますね。私はオリンピックのステージに4人が立つのはブレッブレな気がするので反対ですが(笑)、BGMとかであればむしろ希望するところです。今後の動向が注目されます。以上、山崎監督とBUMP OF CHICKENの可能性について紹介しました。