楽曲解説:睡眠時間 vol.1 – おじいさんに向けて大慌てで書いた曲 *解釈・意味

睡眠時間:基本情報作詞作曲:藤原基央
楽曲構成:AB構成,コード縛り


作曲時期:2004年3-5月
作曲時期:2004年3-5月

リリース:2004年7月7日 「オンリーロンリーグローリー」

ライブ初披露:2014年4月6日 WILLPOLIS 2014 at 千葉幕張メッセ

睡眠時間はBUMP OF CHICKENのシングル「オンリーロンリーグローリー」に収録されているカップリング曲です。

アコースティックギターのアルペジオと歌声というシンプルな音で構成されているこの曲は、ボーカル・ギターの藤原基央さんが入院中のおじいさんのことを思いながら書きました。


この曲は今回は睡眠時間の歌詞の意味や解釈を紹介します。

BUMP OF CHICKENに対して辛口コメントだった藤原のおじいさん


2004年5月の地元佐倉市民体育館でのフリーライブ開催が決定したころ、藤原さんは病気で入院中の父方のおじいさんのお見舞いに行きます。

藤原さんのおじいさんは昔からバンプの曲を聴いてはいましたが辛口なコメントをしていました。

藤原 – おじいちゃんは僕らの音楽をよく聴いてくれてたんだけど、「全然わかんない」って目の前で言われたんですよ(笑)。「ちょっとわかんないんだよね。なんか早口だし。あとおじいちゃんが学校で習った音楽っていうのはドで始まってドで終わるっていう決まりがあってさ。」

MUSICA vol. 15, 2008

「おじいさんの耳にわかる曲」としての睡眠時間

それでも藤原さんのおじいさんとおばあさんは藤原さんのことを応援していました。歌詞カードを拡大コピーして置いていたり、お煎餅の缶の中に雑誌記事の切り抜きを入れていたりしていました。

藤原さんは何とかして「おじいさんの耳に音楽としてわかる音」を届けたいと思い、”大慌て”で「睡眠時間」を書きました。ほとんどのレコーディングが済むまで、メンバーにはこの話をしなかったそうです。

(ちなみにこのおじいさんは「魔法の料理〜君から君へ〜」に出てくる"ヒゲじい"ではありません。)

直井、増川、升 「弾かないプレイをする」

睡眠時間は藤原さんによるアコースティックギター(2本)のアルペジオとボーカルによる弾き語りの形態です。

藤原基央ソロワークの曲(時系列)

Opening / Ending 2000年
レム 2004年
Everlasting lie ~ Acoustic ver. ~ 2004年
睡眠時間 2004年
asgard / midgard 2004年
voyager 2007年
ディアマン 2012年

*インストゥルメンタル、隠し曲、「smile」は除く

背中を押してくれたメンバー

睡眠時間の頃は「Everlasting lie ~ acoustic version~」のレコーディングが行われたばかりで、藤原さんはバンドサウンドでない楽曲を録ること一瞬の迷いがありました。

藤原 – この曲をベストな形で再現するにはギターのみの伴奏で歌うっていうのが適してるんだよなって思っちゃって。それが「Everlasting lie」から2曲続いちゃって・・・せっかくバンドなのになっていうのと、でも曲がこういう曲だからなっていうところのジレンマがあって。でもこいつら(メンバー)が「今回は弾かないっていうプレイをするから」って言ってくれて。

Musica vol. 15, 2008

ユグドラシルはバンプオブチキンのサウンドの大きな転換となるアルバムです。各々の出したい音、アイデアをぶつけ合うスタイルから、「曲の求める音」を最優先するという音楽性へと変化します。

直井 – 前までは結構それ(演奏しないこと)がヤで、「俺もバンドなんだから、色々やりたい」って気持ちがあったのが、この頃から”Everlasting lie”や”睡眠時間とか、自分が音を出していない曲でも全然胸を張れて、焦ることもなくなった。 

Musica vol. 15, 2008

アルバム制作の佳境に入っていたこの時期には、メンバーはすでに自分のエゴを捨てていました。




ライブ演奏 –  睡眠時間 (Band ver.)

発表後10年間はライブで演奏されたことのなかった睡眠時間。しかし2014年のツア「WILLPOLIS 2014」の恥ずかし島(サブステージ)でライブ演奏されました。CDではアコギの弾き語りで弾かれた睡眠時間ですが、ライブではバンドバージョン(!)での演奏でした。

1番は藤原さんの弾き語りで歌い上げ、2番から升さんのドラム、直井さんのウッドベース、増川さんのアコースティックギターが入ります。曲の大サビではとても力強いサウンドになり、静と動が強調されるアレンジになっています。

この1番弾き語りで2番からバンドサウンドという構成は銀河鉄道とよく似ていますね。余談ですが、2014年の恥ずかし島のセットリストは共通点ある楽曲が選ばれています。これはキーを合わせることで演奏しやすくするのが目的で、意図的にそうしていると思われます。

WILLPOLIS2014 の恥ずかし島キーとリズム構成

曲名 キー 拍子
銀河鉄道 D 3/4
歩く幽霊 A 4/4
睡眠時間 D 3/4
グロリアスレボリューション A 4/4 
プラネタリウム G 4/4 

レコーディングの時に自分たちのエゴをこらえて、「弾かないプレイ」に徹したチャマさん、升さん、増川さん。10年後にバンドで演奏ができてよかったですね。いつかまた、ライブだけの貴重なバンドバージョンを演奏してほしいと思います。

以上、睡眠時間の紹介記事でした。