楽曲解説:真っ赤な空を見ただろうか vol.1 8月8日、藤原基央が見た夕焼け *8/6更新

真っ赤な空を見ただろうか
作詞作曲:藤原基央
作曲時期:2006年8月8日
レコーディング:2006年夏〜秋
リリース:2006年11月22日「涙のふるさと」M-02
ライブ初披露:2007年7月16日 「HIGH LINE RECORDS 10th ANNIVERSARY~10年目の夏~」at ZEPP TOKYO

「真っ赤な空を見ただろうか」はBUMP OF CHICKENのシングル「涙のふるさと」のカップリング曲です。疾走感溢れる8ビートとストレートな歌詞が印象的なロックナンバーで、ライブでも人気な1曲です。

タイトルの「真っ赤な空を見ただろうか」は2006年8月8日に実際に藤原基央さんが夕焼けを見た体験に基づいて書かれました。それでは「真っ赤な空を見ただろうか」の作曲背景、歌詞解釈を紹介します。




メンバーに曲調をリクエストして失敗

 ※2006年のBUMP OF CHICKEN  embedded from excite music

2006年、Aメロだけ出来上がっていた「涙のふるさと」に歌詞とメロディを付け足し、シングル化が決まりました。

ボーカル・ギターの藤原基央さんは、スタッフから「カップリングを書いて」と言われるものの中々形にならない日々が続きます。苦しみに耐えかねた藤原さんはメンバー3人に「どういう曲やりたい?」とリクエストを募ります。

直井 – フジくんのボサノヴァが聴きたかった。

MUSICA – 2008.07

増川 – その時俺はたぶん、速いの久しぶりにやりたいって言ってたと思う(笑)

MUSICA – 2008.07

ベーシストの直井由文さんは「ボサノヴァ」、ギタリストの増川弘明さんは「速い曲」をリクエストしました。しかし結果的にそれが藤原さんを悩ませ、余計に書けない状態に陥ることになります。

藤原 – メンバーからけっこう”速い曲やりたい”っていうのが多かったので、”速い曲書きてぇ”みてぇな、”あいつらが言ってたから書こう”みてぇな。“こういう曲を書いてみよう”みたいな作り方は性に合わないというのは知っていたはずなのに、なぜか冗談を本気にしちゃったんですよね。

B-PASS 2007.01

今では与えられたコンセプトやタイアップ先の設定資料を基に、”BUMP OF CHICKENの重なる部分”をテーマに曲を書き下ろすことができる藤原さんですが、この時はまだ藤原さん自身の内側からしか曲の”種”を生み出すことができなかったのです。

恐怖さえ覚えた真っ赤な夕焼け

自宅で曲が書けず苦しんでいた藤原さん。気分転換に外に出た瞬間に「恐怖さえ覚えるほど変な色の夕焼け」を見ます。

藤原 – コンビニでも行ってみようみたいな感じで外出したら、玄関出た瞬間、ものすごい、ものすごい夕焼けが出迎えてくれたんですね。それで全部吹っ飛んだっていう感じで。予定通りコンビニには行ったんですけど、あんまりすげぇ夕焼けだったから一目散に家に帰って、バーって書いて。

B-PASS 2007.01

藤原さんはこの時の夕焼けを携帯電話で写真を撮りました。それくらい印象的な夕焼けだったんですね。夕焼けにインスピレーションを受けた藤原さんは自宅に戻るとそのまま「真っ赤な空を見ただろうか」を書き上げます。




ローコードのこだわり

パワーコードで歪ませてギターを鳴らしていたインディーズ期とは逆に、メジャーデビュー後は和音の響きが聴こえるローコードでのサウンドメイキングを重視していた藤原さん。真っ赤な空を見ただろうかのインタビューで明確に言及しています。

藤原 – 速い曲なんですけど、パワーコードなんか弾いてやるもんか!って思いました。バッキングのギターも歪ませるもんか!って。(音の)分離命っていうか。

MUSICA 2008.07

このコンセプトは現在でも藤原基央さんのギターサウンドの根幹になっています。ただしこだわりは緩和され、一部の曲ではパワーコードや歪みやブリッジミュートも適宜使われてきていますね。

藤原 – ローコードでクリーンに近い音で、クランチっぽいぐらいの音でカッティングしました。

MUSICA 2008.07

屈指のライブ映えする曲

※真っ赤な空を見ただろうかを演奏する増川弘明 embedded from mobile-mmm.net

使用機材

藤原基央 Gibson Les Paul Special TV Yellow
増川弘明 Fender Stratocaster Festa Red 1961 

真っ赤な空を見ただろうかはライブ映えする1曲です。ステージではギタリストの増川弘明さんはFender製ストラトキャスターを使用します。1番AメロをDANNYの冒頭のようにギターと歌のみで大きく歌い上げ、増川さんと藤原さんの呼吸を合わせたスタートとなっています。

歌詞変え

ライブでは3番の歌詞がアレンジされます。

2007~2008年頃

大切ない人に伝えたい 聴こえているのかもわからない
だからせめて続けたい 続ける意味さえわからない


2011~2013年頃

大切ない人に伝えたい 聴こえているでしょう?
だからせめて続けたい 続ける意味さえわからない


2014年

大切ない人に伝えたい ・・・聴こえてるかー!◯◯(都市名)ー!
(だからせめて続けたい) 続ける意味さえわからない

以上、真っ赤な空を見ただろうかの紹介です。カップリングながらも人気の高い曲なので、近いうちにまたライブで演奏されると思います。ご拝読ありがとうございました。