升秀夫

6th Album 『COSMONAUT』

楽曲解説「セントエルモの火」富士山に登る升秀夫への思いを綴った曲

「セントエルモの火」はBUMP OF CHICKENが2010年に発表したアルバム『COSMONAUT』の収録曲です。 「セントエルモの火」とは船舶や飛行機が発光する現象を意味する言葉で、歌詞はボーカル・ギターの藤原基央さんが...
メンバー全般・バンド活動

メンバー vol.2 – それぞれの書いた”BUMP OF CHICKEN”のサイン –

千葉県佐倉市の幼なじみ4人組で結成されたBUMP OF CHICKEN。バンドが世間に認知されるにつれて、観客からサインを求められるようになりました。インディーズ時代から出待ちなどをしていたファンにサインを書いたりしていたようで、それぞれの...
インディーズ期

BUMP OF CHICKENの歴史 HISTORY & BIOGRAPHY

1994年 文化祭 中学3年の文化祭で藤原、直井、升の3人と文化祭実行委員長を含む7人組バンドを結成。委員長が3人に『俺ビートルズやりたいからお前ら一緒にやろうぜ』と声をかけた。The Beatlesの「Twist and ...
インディーズ期

メンバー vol.1 それぞれのアルバイト

BUMP OF CHICKENのメンバーのアルバイト歴について紹介します。国民的アーティストとなったBUMP OF CHICKENの4人も、メジャーデビューするまでは普通の若者でした。バンドで生計を立てるまでにしてきたアルバイトを紹介します...