コラム増川弘明機材

増川弘明の使用ギター・エフェクター機材一覧

コラム

今回はBUMP OF CHICKENのギタリスト・増川弘明さんの使用ギター、エフェクター機材、アンプ機材を紹介します。

 

増川氏のギターといえばギブソン・レスポール・スタンダードのイメージですが、実はストラトキャスター、SG、テレキャスターなど多くのギターを所有しています。

 

この記事では全28本のギターの使用履歴、31個のエフェクターをエピソード含めて解説していきます。

楽器高く売れるドットコム

ギター機材一覧

増川が最も使用する Gibson Les Paul Standard 1959 Historic Collection (2003年製)(画像埋込元:Twitter@boc_chama

Gibson製レスポール

増川弘明さんのトレードマークになりつつあるギブソン製レスポール。インディーズ時代から使用しており、現在まで9本以上所有しています。

 

長年メイン機材として愛用しているのは2003年に入手したトラ目柄が特徴的なサンバーストのレスポール・スタンダードです。

 

近年では色々な位置にカポをつける楽曲が多くなり、カポ用メイン・サブ機としてステージに用意する本数が増えています。

主にボディカラーの参照先として外部リンクを埋め込んでおりますが、製造年が同一であることを保証するものではありません。またヴィンテージと現行モデルの区別をしていない場合があります。




その他のGibson製ギター(SG・ES-335など)

「流星群」「銀河鉄道」のステージで使用した Gibson ES-335 Memphis

増川さんはギブソン製のギターとして、レスポール・タイプ以外にもES-335、SGモデルを所有しています。かつてレスポール・スタンダードで弾いていた曲をGibson SGで演奏するなど、増川さんなりの音楽的探究心が垣間見れます。

 

  • SGタイプ

楽器高く売れるドットコム

FENDER製ストラトキャスター・タイプ

Fender Stratocaster Fiesta Red (画像埋込元:digimart.net)

ストラトキャスターは高校生の時に増川さんが買った初めてのギターであり、原点です。現在では「スノースマイル」「white note」「真っ赤な空を見ただろうか」「宝石になった日」のライブで使用しています。

その他フェンダー製ギター(ジャズマスター、ジャガー等)

「orbital period」制作の頃に入手し、主にレコーディングで使用しているFender Jazz Master 1959(画像埋込元:Twitter@boc_official)




近年ではBUMP OF CHICKENの楽曲をライブステージで表現するためにさまざまな機材を演奏する増川さんの姿が見えます。

サザンクロス」「Spica」では、緑色のフェンダー・ジャガーを使用しており、BUMP OF CHICKENのギタリストとして音を追求する姿勢が垣間見えます。

  •  ジャガー・タイプ
    • Fender Custom Shop Jaguar 1962
      • 2014年「WILLPOLIS 2014」でステージ初使用
      • ライブ使用楽曲「サザンクロス」spica」、「オンリーロンリーグローリー」(2019年のみ)
      • 「リボン」のMVで使用
      • ジャガーを購入する際、音の良かった白色と見た目の良かった緑色で迷い、テンションが上がる緑カラーを選んだ
      • 参考画像[1] / 参考画像[2] 
  •  テレキャスター・タイプ
    • Fender Telecaster(1967年製・クリーム色)
      • ストラトキャスター(白)を購入した勢いで入手
      • スタジオライブでの「コロニー」で使用
      • 「乗車権」のレコーディング風景で弾いている姿が映っている(録音に使用したかは不明)
    • Fender Telecaster(サンバースト)
    • テレキャスター・タイプ(詳細不明)
      • 1996年2月、YAMAHA Teen Music Festival’96 の出演プロフィールで背負っている
      • 増川が初めて所有したギターは赤色ストラトキャスターと公言しており、別の機材と考えられる
      • 参考画像[1] 

アコースティックギター

近年サブステージで披露することが多くなった Martin D-28

増川さんのアコースティック・ギターは判明しているものは全てMartin製です。近年ではライブのサブステージで披露されることがあります。

 

  •  Martin製
      • Martin製品 不明
        • 2004年「ユグドラシル」レコーディングで弾いている。本人所有か藤原所有かは不明
        • 2005年「愛・地球博 LIVE AT PLANETARIUM」でも使用
      • Martin 000-18
        • 自宅に置いているアコースティックギターとして公言




  • その他、増川がアコースティックギターを使用している情報

この他にインディーズ時代の2回のアコースティックライブや2005年の愛知万博アコースティックライブ、「車輪の唄」「Merry Christmas」のPVで使用したアコースティックギターを所有していると思われますが、詳細は不明です。

増川弘明のインタビューが掲載されている「ギターマガジン」 20145月号 

楽器高く売れるドットコム

エフェクター機材

BUMP OF CHICKENのギタリストして、増川さんはライブステージでの音表現の担当者として複数のエフェクターを用意しています。

2000年代は数個〜10個以下のエフェクターでボードにまとめていましたが、「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」ではフットコントローラーの先に最大16個の機材を通して、楽曲をライブで表現しています。

ブースター/オーバードライブ/ファズ 系

Marshall – The Guv’nor *インディーズ時代に使用
Ibanez – Tube Screemer TS-9
ZOOM – UF-1
Z.VEX – Super Hard-On
KLON – CENTAUR
KLON – CENTAUR Silver no picture ※「WILLPOLIS 2014」で使用しているが藤原所有品の可能性が高い
BIG MUFF “Army Black”
Xotic – RC Booster
Free The Tone – PHOENIX
Honda Sound Works – Original Custom Made Booster
Free The Tone – FINAL BOOSTER (FB-2)
Free The Tone – RED JASPER (RJ-1V)

 

ディレイ/ワウ/空間系

BOSS – Digital Delay DD-3 *2000年「サマーポキール2」で使用
BOSS – Pitch Shifter PS-2
BOSS – Super Shifter PS-5
BOSS – Harmonizer HR-2
OCTAVE – Multiplexer
LINE 6 – DL4 [ディレイ]
PSK – DDT-5 [ディレイ]
TC Electronic – ND-1 NOVA DELAY [ディレイ]
Cranetortoise – Great Compressor GC-1 [コンプレッサー]
Free the Tone – Silky Comp [コンプレッサー]
Xotic – SP [コンプレッサー]
Eventide – Time Factor [ディレイ]
Eventide – Mod Factor [モデュレーター]
Eventide – Pitch Factor [ピッチファクター]
Eventide – H9 MAX [ハーモナイザー]
BOSS – MD-500 [モジュレーター]
Free The Tone – PA-1QG [イコライザー]
Free The Tone – FT-1Y [ディレイ]
Free The Tone – TA-1H [コーラス]




その他機材

チューナー/パワーサプライ/ボリュームペダル

KORG – DTR-1 [チューナー]
KORG – DT-10 [チューナー]
KORG – XVP-10 [ボリュームペダル]
KORG – VP-10 [ボリュームペダル]
Shin’s Music – Volume Pedal [ボリュームペダル]
Free The Tone – DVL-1L [ボリュームペダル]
Custom Audio Japan AC/DC Station ver.2 [パワーサプライ]
Custom Audio Japan DC-AC  Supply 8.1 [パワーサプライ]
Free The Tone – PT-1D [パワーサプライ]
Free The Tone – PT-3 [パワーサプライ]

ラインセレクター/フットスイッチ

Custom Audio Japan – RS616
Free The Tone – ARC 53M
Free The Tone – ARC 3 *増川所有機材は青色
Free The Tone – ARC 4
  •  ライン・セレクター
    • Providence – A/B BOX
    • Far East Electric Original Custom Made A/B Box
  •  ジャンクションBOX
    • Custom Audio Japan – Custom Interface
    • Custom Audio Japan – IN and OUT
    • Free The Tone – JB-41 (2021年〜)
  • デジタルサイネージ (曲名表示)
    • Free The Tone – LDP-1 (2021年〜)

アンプ・スピーカー機材

ボーカル・ギターの藤原基央さんがステージでのアンプをBAD CAT + MATCHLESSに長年使用しているのに対し、増川さんは3~4年ごとにアンプを変えています。

初期のMARSHALLにはじまり、2000年代後半のHughes & Kettner、2010年代前半のMESA boogieが加わり、それらを組み合わせてステージアンプとしています。

MARSHALL – JCM 800 [アンプ]
MARSHALL – 1959SLP [アンプ]
MARSHALL – Lead-1982 [キャビネット]
MARSHALL – 1960a [キャビネット]
MARSHALL – 1960X
MARSHALL – 1960X (赤)
MARSHALL – 1962 Bluesbreaker [コンボ]
SUNN – MODEL-T [アンプ]
SUNN – 100W ALL TUBE CABINET [キャビネット]
Hughes & Kettner TriAmp MK II [アンプ]
Hughes & Kettner TriAmp MK Ⅲ [アンプ]
MESA Boogie – Mark Ⅴ [アンプ]

 

以上、BUMP OF CHICKEN 増川弘明さんのギター、エフェクター、アンプ機材について解説しました。

 

この記事がバンプのコピーバンドをしている方や、BUMP OF CHICKENのサウンドに近づきたい方の参考となれば幸いです。

 




フォロー
The Chickens