楽曲解説:ベストピクチャー vol.1 – 直井が藤原との同居の中で作った曲

2nd Album「THE LIVING DEAD」(2000年) 収録 M-03
作詞:藤原基央
作曲:直井由文
作曲時期:1999年12月〜2000年1月

ベストピクチャーは2nd Album「THE LIVING DEAD」に収録されているインディーズ時代のアルバム曲です。BUMP OF CHICKENの楽曲の9割以上は藤原基央さんによって作詞作曲されていますが、ベストピクチャーはベーシストの直井由文(チャマ)さんが作曲した珍しいが曲です。




作曲経緯


・直井が作曲を始めたのは1998年頃
・最初はギターが弾けなかったが、藤原と住む中で少しずつ弾けるようになっていった
・藤原さんと同居時代のベーシスト直井による作曲
・もともと曲のメロディとコードだけがあり、歌詞は不完全だった
・同居していたある時期、藤原は毎日電話で誰かと喧嘩していた。

直井 – 藤原がその頃よく電話片手に誰かと喧嘩してたんですよ。毎日なんですよ。24時間ずっと電話してて。『うっせぇな』と思ってたから、『ちょっと曲でも作ってやるか』って。

オリジナルタイトルは「うらやましい」

直井 – ちょっと有名になってきて、アンケートに『いい生活して…』とか『羨ましい』とか書いてあって、それもあんま嬉しくなくって。で、考えてみたら俺小さい頃から人の事羨ましがってたなぁって思って。テレビスターとか見て『悩みなんてんだろうなぁ』とか。でもいざなってみたら、結局変わらないなぁって思ったんですよ

(”テレビスター”という表現が『彼女と星の椅子』の歌詞に繋がっている、言いたい事は同じだと思わせる発言)

・CDに入れるとは思っていなかった曲
・上手く言葉にできない直井の歌詞を、藤原が手直しして完成した。

直井 – 藤くんの曲と僕の曲が入った時にどういう風に映るんだろうと思ってたけど、やっぱ藤くんの詞が凄い素晴らしいものになったんで。俺の思ってた以上に自分の思ってることだったんですよ、これが。

ライブ演奏記録

・2000〜2001年のツアーで演奏されていたが、2001年9月20日<Surf Porkin’ 赤坂BLITZ>を最後に演奏されていない。

・原曲のギターソロはツインリードだが、ライブでは藤原のみが演奏。また原曲通りのリフではなく、かなり手癖のアレンジが施されている。

【関連記事】2001年 ツアー Surf Porkin’ セットリストまとめ

【関連記事】<ライブレポ> 2001年8月7日 Surf Porkin’ at 名古屋E.L.L