升秀夫一覧

楽曲解説:セントエルモの火 vol.1 富士山に登る升秀夫への思いを綴った曲 *8/10更新

2008年、ドラムの升さんは富士山に登ります。藤原さんは升さんを驚かせるべく内緒で登頂を企てます。夜が明けて頂上につき、升さんの眼前に登場します。すごく驚くだろうという藤原さんの予想に反し、升さんは「ああ、来てたんだ」とすごく落ち着いた返答で骨をくじかれた思いをしました。

メンバー vol.2 – それぞれの書いた”BUMP OF CHICKEN”のサイン –

1枚の色紙に4人サインを求められた場合、ボーカルの藤原さんもしくはベースの直井さんが"BUMP OF CHICKEN"の文字を書くことが多いです。しかし稀に増川さんや升さんもBUMP OF CHICKENの字を書いています。今回は4人それぞれの"バンプオブチキン"の文字を紹介します。

BUMPの歴史- biography – *2019/6/24更新

The Beatlesの「Twist and Shout」「Stand by me」とLadis Roomから「Get Lost」の計3曲を演奏。体育館でのライブは全員体育座りしていた生徒が総立ちになる程大成功となり、一躍学校のヒーローになる。藤原はライブ後、好きな女の子に告白する予定だったが女の子すら来てくれず...