藤原基央一覧

藤原基央 vol.2 – ピアノについて−

BUMP OF CHICKENの藤原基央さん(藤くん)と鍵盤楽器について紹介します。エレクトーン教室に入れなかった藤原さんは、ピアノ教室へ通います。が、先生から"タマゴを持つように手を丸くして指を置きなさい"と指導されるも、形にこだわる練習が苦手でした。

楽曲解説:睡眠時間 vol.1 – おじいさんに向けて大慌てで書いた曲 *解釈・意味

睡眠時間は、2004年に藤原さんが病気の入院中のおじいさんに向けて書いた曲です。バンプの音楽に辛口だったおじいさんに、「おじいさんの耳に音楽としてわかる音」を届けたいと思い、"大慌て"で書きました。ライブではバンド演奏されています。この曲の意味は、おじいさんへの愛情が隠されています。

メンバー vol.2 – それぞれの書いた”BUMP OF CHICKEN”のサイン –

1枚の色紙に4人サインを求められた場合、ボーカルの藤原さんもしくはベースの直井さんが"BUMP OF CHICKEN"の文字を書くことが多いです。しかし稀に増川さんや升さんもBUMP OF CHICKENの字を書いています。今回は4人それぞれの"バンプオブチキン"の文字を紹介します。

BUMP OF CHICKENの歴史 HISTORY & BIOGRAPHY

The Beatlesの「Twist and Shout」「Stand by me」とLadis Roomから「Get Lost」の計3曲を演奏。体育館でのライブは全員体育座りしていた生徒が総立ちになる程大成功となり、一躍学校のヒーローになる。藤原はライブ後、好きな女の子に告白する予定だったが女の子すら来てくれず...