名曲「真っ赤な空を見ただろうか」の歌詞の意味 – 制作エピソードとライブバージョン

「真っ赤な空を見ただろうか」の曲名・歌詞の意味は藤原基央さんが実際に見た景色に由来しています。2006年8月8日、藤原さんは自宅マンションの玄関を出た時に "恐怖さえ覚えるほど" の美しい夕焼けを見ました。景色に圧倒されたそのままの勢いで書いた「真っ赤な空を見ただろうか」には歌詞とコード進行に本能的な側面が見られます。