楽曲解説:プラネタリウム vol.2 – 曲の求める音のための決断

*この記事は楽曲解説:プラネタリウム vol.1 – 四畳半の宇宙と『夢』『君』『光』『星』の物語 –の続きです。
前回の記事ではプラネタリウムの詞の解釈や意味、曲ができるまでの背景を紹介しました。今回はレコーディング時のエピソードについて紹介します。実はプラネタリウムは、バンプにおけるサウンド作りに影響を与えた1曲です。




メンバーへの初披露

未発表曲の練習をしていた頃にスタジオへ持って来た

2005年4月のある日、都内のスタジオで増川さん、直井さん、升さんの3人は未発表だった(カルマ)の練習をしていました。

そこへボーカル・ギターの藤原基央さんが「曲が出来た」とひょっこり現れ、アコースティックギター1本で1コーラスを歌います。

増川 – レコーディングの前の日くらいにスタジオでちょこっと聴かせてもらったんですけど、その瞬間から凄い最高で(笑)。アコギと歌・・歌と言ってもその時は♪ふんふん♪くらいのちょっとしたものだったんだけど、でもそのメロディーのコードだけで『凄い素晴らしいな』って、『綺麗だな』って思いました。

藤原さんの新曲を一番最初に聴くのはメンバーとスタッフです。それも目の前で弾き語りで披露してくれるなんて、ほんと素晴らしいことだと思います。プラネタリウムを聴いたメンバーは、翌日すぐにプリプロ制作に進みます。

・・・が、制作はスムーズにはいきませんでした。

悩んだ升と直井のリズム隊

デモテープに合わせて、升さんとチャマさんはドラムとベースラインを付けていきます。しかしリズム隊(ドラム+ベース)のアレンジがうまくいかず、相当悩んだといいます。

直井 – 最初はもう、藤くんの演奏をめちゃくちゃ汚してるようにしか思えなくて。・・完璧だったの、アコギと声だけで。それで凄いヤダって思って。だから俺も秀ちゃんと同じようにベース&ドラム抜きヴァージョンとベース抜きヴァージョンのデモだけを聴いて、もう一度曲がどういうものを求めているのかを見つめ直した。

直井 – もっとこの曲のいい部分をすぐに引き出してあげたかった、プリプロで音を入れるという作業がこれほどきついと思わなかった。リズムを感じられてない、グルーヴを感じられてない、コードの和音すら感じられてない、繋ぎ目も上手く繋げてない。・・だから単純にプレイに腹が立つ。そうすると歌が響かない。歌とギターがこんなにいい和音鳴らしてるのに、それを殺してしまう。秀ちゃんがやろうとしてることと自分がやろうとしてることがまったく違う方向に行ってる。・・そういうので、自分に対して悔しいなって思いが強くなっていった

オンリーロンリーグローリーやsailing dayといった疾走感のある曲だと8ビートの勢いでアレンジできますが、プラネタリウムのようなミディアムナンバーの場合、曲の個性を活かすアレンジが求められます。

直井 – 『jupiter』の頃は、例えばベースラインだけ決まってドラムが決まってなかったりする時って、“ああ、オレ完成形だな”って思っちゃってました。でも、『ユグドラシル』では、升君が決まらないとオレも決まらない、と思うようになって。ベースとドラムという一つの楽器になっていれば、上から乗せるギターとかが絶対しっくりくるんです。

ユグドラシル以降からバンドの制作理念である<曲が求める音>を体現するという考えが、各メンバーの意識の中にしっかりと根付いていました。

直井 – もうほんと邪魔したくないなって思って。一番シンプルな形に落としていったって感じですね。

テレビ東京系「COUNTDOWN JAPAN」2005.07.xx




曲の求める姿のための決断

やめとけばよかった 当たり前だけど本当に触れてしまった

この星は君じゃない 僕の夢

本当の届くわけない光 でも消えてくれない光

プラネタリウム / BUMP OF CHICKEN

このブリッジの部分はボーカルテイクに深いエコーとディレイがかかっていますよね。Aメロ、サビもボーカルにエコーがかかっていますが、このブリッジ部分だけのリバーブを外すアイデアで進められていました。それはこの曲の一番歌いたい部分であり、”声を近くに聴かせるため”でした。しかし紆余曲折を経て逆にディレイをかけることになったそうです。

E-BOWの使用

この曲からE-BOWというギターの音をシンセサイザーのように持続させる装置を使用しました。この楽曲ではオケに浮揚感ある音が流れていますよね、当時のバンプファンは今までにないサウンドに驚かされました。

バンド側もE-BOWの使用を巡って相当議論しました。それまでのサウンドアプローチとかなり異なる手法に対してかなり抵抗があったそうです。しかし、「曲が求めてる姿」を追求するということを”耳にタコができるくらい”メンバー内で確認し、E-BOWを使うことを決めました。

E-BOWはあくまでもギターの音を変化させる外部品です。藤原さんはあくまで「ギターで演奏する」ということにこだわりを持っていました。

藤原 – もしシンセサイザー1台を目の前に用意されたなら、ノーと応えていた

ユグドラシル以降の「曲が求める〜」という理念によって開拓されたサウンドアプローチ。この手法によりorbital period期のサウンドが構築されていきます。そういう意味では、orbital period期を代表する一曲と言えるでしょう。

ちなみに藤原さんはその後、シンセサイザーを使うことも厭わなくなります。イノセントや虹を待つ人、Butterflyなど様々な楽曲で使用されています。ついにギターという楽器すらもこだわらなくなったようですね。

*E-BOWとはギター弦にあてることで振動を持続させ、ピッキングしなくてもキーボードのように音を持続させる装置。『R.I.P』のライブでは曲冒頭に藤原が使用している。

ライブ演奏記録

プラネタリウム演奏ツアー・ライブ

ツアー名 藤原パート 増川パート
2005 夏のイベント ほとんどギターを弾かず、ボーカルに専念。

イントロ・アウトロ間奏のみ

コード演奏
2006 run rabbit run
2007 夏のイベント
2008 ホームシック衛星
ホームシップ衛星
2012 GOLD GLIDER TOUR コード演奏(EVENTIDEのディレイをかけながら) イントロはハモリのアルペジオ

曲中はリフ演奏

2013 WILLPOLIS / イベント
2014 WILLPOLIS 2014

プラネタリウムは2005〜2014年まで多く演奏されてきました。OP期以降のバンプの中核を担うミディアムナンバーです。

増川と藤原の演奏パート

この曲は藤原さんと増川さんのギターパートが初期と現在で大きく異なります。2008年までは藤原さんはイントロ、間奏、アウトロのみ演奏しており増川さんがコードバッキングを弾いていました。藤原さんは歌に専念することで、メロ変えや歌の拍数を伸ばすアレンジをしていました。

以上、プラネタリウムの紹介vol.2でした。