楽曲解説;スノースマイル vol.1 – ロストマンのあとに力の抜けた状態でかけた曲

「スノースマイル」はBUMP OF CHICKENの通算5枚目のシングル曲です。バンプの楽曲としては珍しく「冬」の季節を感じさせる曲となっています。情緒的な歌詞とアコースティックなサウンドが印象的なバラードナンバーです。今回はスノースマイルの作曲過程や歌詞について解説します。




5th Single「スノースマイル」(2002年12月18日発売)
4th Album「ユグドラシル」収録/ M-09
作詞:藤原基央
作曲:藤原基央
作曲時期:2002年9月

ロストマンの作詞期間に思い浮かんだアイデア

スノースマイルは2002年9月にボーカル・ギターの藤原基央さんによって書かれました。Aメロのギターのアルペジオは、藤原さんがスタジオの合間の時間などでよく爪弾いているフレーズでした。

藤原 – これの前の曲(※ロストマン)を書いてるとき、ずっとこのアルペジオが頭の中で鳴っていた。半年以上、その曲を書いてた時にずーっと、詩を書いてる時もずーっと鳴り響いていた冒頭のアルペジオと、<冬が寒くって 本当に良かった>のワンフレーズがずっと鳴ってて。

ROCKIN’ ON JAPAN 2002.12

2002年1〜9月、藤原さんは「ロストマン」の詞を書くのに9ヶ月を費やします。毎日ずっと作詞をしているわけでなく、書いては消し、たまに息抜きをして、という日々を繰り返していました。(オンリーロンリーグローリーを作り始めたのもロストマン制作時に遡ります。)

旅行、引っ越し、チャマの家と近くなる

BUMP OF CHICKENのメンバーは、ツアーPOKISTA21終了後、5〜6月まるまる休みをもらいます。藤原さんは、友人と京都、箱根、奄美大島(友人と家族1回ずつ)へ旅行をしました。

また藤原さんはベーシストの直井由文さんと徒歩2分のマンションに引っ越し、一緒に朝ご飯を食べたり、互いの家で遊んだりするという時間を過ごします(ほんと仲が良いですね!)。

息抜きや環境に変化をつけながら、ロストマンの詞を書く日々。そして9月に入り「ロストマン」を書き上げます。ようやく生まれた1曲から解放され、ほどよく力の抜けた状態で書いた曲が「スノースマイル」でした。カップリングの「ホリデイ」も9月に書いており、9月だけで3曲も生み出されました。




藤原基央には珍しい季節性のあるタイトル

“スノー” スマイルの言葉通り、冬を連想させるタイトルにしています。藤原さんが付ける曲名は特定の時代や季節を感じさせるものはあまりありません。それは、曲の持つ意味や印象をタイトルによって限定的にしてしまうのを避けるためでした。

藤原 -ここまで季節限定っていうのは初めてだった。季節ものっていう時点で色々なものを放棄している感じがするんだ。

ROCKIN’ ON JAPAN 2002.12

これ以前の楽曲を振り返っても、『くだらない唄』の<たんぽぽ>や『K』の<二度目の冬を過ごす>ほどしか季節を連想させる言葉はありません。しかしス『スノースマイル』の<冬>は単純に”それでいいや”という脱力的な感覚で書きました。

藤原 – 最初に出て来ちゃったアルペジオになにげにワンフレーズのせてみたら<冬が寒くって 本当に良かった>っていうは、それでスタンダードなんだなって思ったから、それでいいやって感じで。この曲にはね、いつも以上に力の抜けた俺がいる。

ROCKIN’ ON JAPAN 2002.12 

プロデューサーから与えられたテーマで書いた「Merry Christmas」や「pinkie」を除けばほとんど季節の曲が見当たりませんね。いきなり「真夏の〜」なんて曲が発表されたら驚いてしまうと思います。。。笑

jupiter〜ユグドラシルの間のサウンド

アルバム「ユグドラシル」の楽曲では2番目に古い楽曲で、jupiter期のサウンドの特徴(プレイスタイル、サウンドメイキング)が色濃く残っています。

インディーズ〜jupiter期は各メンバーの曲の解釈を尊重し(もちろん互いに意見を言い合うが)、思うようにプレイするというものです。音楽理論的な部分よりも感性やエモーショナルな部分を重視する制作手法でした。

直井 – めっちゃ感覚でできた曲の代名詞というか、最終形ですね。何も考えずに曲の中で動けたっていう最終形が『スノースマイル』。全然和音に当たってるし、ルート音にも言ってない瞬間だってあるし。でも全然それがイヤじゃないっていう。

藤原さんに「ギターよりもギターっぽい音」と評されたほどの直井さんのプレイは、とにかく目立つことだけを意識していました。

直井 – jupiterまでは誰の意見も聞かなかった。誰がなんと言おうと無視です。聞こえなかったんですよ。それが『スノースマイル』で初めてなにを言ってるのか聞こえ出した。

「感覚で入れた最後の曲」という通り、これ以降 <曲が望む音>という理念を持つようになり、ユグドラシル期のプレイスタイルへと繋がっていきます。

直井 – (リリースの古さが)ユグドラシルの一番最初じゃないですか。だからjupiterとユグドラシルを上手くフェードイン・フェードアウトさせる楽曲だと思う。

そして <曲の求める音> というBUMP OF CHICKENの中でもっとも重要な制作理念は「同じドアをくぐれたら」(2003年夏 – 秋)の制作時に藤原さんの意思が明確なります。スノースマイルはまさにjupiter〜ユグドラシル過度期の作品といえます。

2種類のPVが存在する

通常版のロケ地

ユグドラシル [DVD]

DVD「ユグドラシル」に収録されている通常版は、群馬県利根市で撮影されました。こちらの方のブログに詳細が書いていあります。

外部記事リンク  「スノースマイル」バンプオブチキンの撮影地は片品と利根町だった

天体観測のPVと隠された繋がり

実はスノースマイルのPV、天体観測のPVと繋がっているんです。

天体観測のPVには4人の子役さんが登場します。彼らは全員メンバーに対応しているんですよね。スノースマイルのPVではそれを感じさせる演出がされています。

残念ながらスノースマイルのPVのリンクはないのですが、映像中増川さんがカメラを持ったり、升さんが車から虹を眺めたりするシーンが登場します。

望遠鏡をもつ子供→カメラを持つ増川さん
・自転車に乗っている子→直井さん
・旗を持っている子供→藤原さん
・鍵を持って車に乗っている子供→升さん 

こんな風に対応しているんですね。番場監督のアイデアなのか、こだわりのある演出はファンにはたまらないですね。

スノースマイル – Special Edit

Special editとは、CD発売日である12月18日にZEPP SAPPOROで開催されたフリーライブ&ラジオ中継のライブの様子を映像化したものです。この日はツアーLOVE&PORKINの最終日で、公演後に観客を入れ替えて、メンバーはサイドステージに登壇し『リトルブレイバー』と『スノースマイル』の2曲を演奏しました。つまり、この日は『スノースマイル』を2回演奏したことになり、同一日としてはバンド史上唯一のことでした。

使用機材

藤原が黒いエレキギターを弾いていた!?

2002年のLOVE&PORKINから2003年のNINJA PORKINGおよび夏フェスまでは、Gibson製のLes Paul Acoustic(黒)を使用してい升。メジャーデビュー後、藤原さんが初めてレスポールSP以外で演奏したギターです。もともとはスタジオでレンタルして試奏していただけでしたがが、その時着ていたTシャツの素材がボディの裏にべったりくっついてしまい、”お買い上げお願いします”となったと、藤原さん自らライブのMCで語っています。
1c059c448e6381a15f649c2fb42ddb6d

2004年MY PEGASUSツアーからはGibsonのJ-45(黒)を使用して演奏している。
J45EBVOS-1

ライブ演奏記録

セットリスト

意外にも、2004年MY PEGASUSツアー以降はレギュラーセットリストとしては組み込まれていない。「恥ずかし島」やアンコールでの演奏が多いです。

アコースティック演奏

2005年8月10日に愛・地球博で行われた200名限定プラネタリウムライブで演奏されており、空から雪が降る演出がされました。

2013年のベストアルバム発売記念ツアーWILLPOLISでは、「恥ずかし島」にてアコースティック編成で演奏されています。

以上、スノースマイルの解説でした。