【楽曲解説】スノースマイル

5th Single「スノースマイル」(2002年12月18日発売)収録
4th Album「ユグドラシル」収録/ M-09
作詞作曲:藤原基央
作曲時期:2002年9月





【関連記事】-楽曲解説- K

作曲時期 – 2002年9月-

ロストマンの作詞の時に思い浮かんだ曲

2002年のはじめから書きはじめた『ロストマン』。9月に完成するまでおよそ9ヶ月を費やしたが、その『ロストマン』制作中にずっと『スノースマイル』のアルペジオと<冬が寒くって 本当に良かった>のフレーズが鳴っていた。『ロストマン』、『スノースマイル』、そしてカップリングの『ホリデイ』はすべて9月に書けた曲。

“これの前の曲(『ロストマン』)を書いてるとき、ずっとこのアルペジオが頭の中で鳴っていた。半年以上、その曲を書いてた時にずーっと、詩を書いてる時もずーっと鳴り響いていた冒頭のアルペジオと<冬が寒くって 本当に良かった>のワンフレーズがずっと鳴ってて。そういうニュアンスとアルペジオの旋律が俺のフィーリングをかき立てるようなものであって。それを書きたかったんだ。” -藤原-

珍しく”季節の曲”を書いた理由

“途中でウインターソングって思ってたな。でもここまで季節限定っていうのは初めてだった。季節ものっていう時点で色々なものを放棄している感じがするんだ。決めつけが好きじゃないから。” -藤原-

決めつけが好きでないという理由から、今まで書かないようにしてきた、季節の”縛り”。確かに『スノースマイル』以前の楽曲を振り返っても、『くだらない唄』の<たんぽぽ>や『K』の<二度目の冬を過ごす>ほどしか季節を連想させる言葉はない。しかし『スノースマイル』の”冬”は単純に”それでいいや”という感覚で脱力的に書いたという。

“最初に出て来ちゃったアルペジオになにげにワンフレーズのせてみたら<冬が寒くって 本当に良かった>っていうは、それでスタンダードなんだなって思ったから、それでいいやって感じで。この曲にはね、いつも以上に力の抜けた俺がいる”

当時の雑誌のインタビューでは『スノースマイル』発売のインタビューにも関わらず、7割以上を当時未発表の『ロストマン』の作詞状況について語っており、いかにjupiter発表以後の生活の中心が『ロストマン』の作詞に当てられていたのか、当時の藤原の心境を見て取ることが出来る。

旅行、引っ越しをしてチャマの家と近くなった話

ツアーPOKISTA21終了後、5〜6月はまるまる休みをもらい、京都や箱根、奄美大島へ2度旅行に行ったりしていた。藤原は引っ越して、直井と徒歩2分の場所に住み、一緒に朝ご飯を食べたり、家に行き来したりという時間を過ごしていた。街中で声を掛けられたりする度に「新曲はまだか」と訊かれるのがつらく、ラジオで謝ったりしていた。そして9月のある日『ロストマン』が完成し、それと”別腹”で作ったのは『スノースマイル』だという。『ロストマン』という藤原の中で最も長い時間を要した作詞作業を乗り越えた先で、いい具合に力が抜けた作品が『スノースマイル』である。


レコーディング

jupiterからユグドラシルの間のサウンド

“めっちゃ感覚でできた曲の代名詞というか、最終形ですね。何も考えずに曲の中で動けたっていう最終形が『スノースマイル』。全然和音に当たってるし、ルート音にも言ってない瞬間だってあるし。でも全然それがイヤじゃないっていう” -直井-

直井曰く”感覚で入れた最後の曲”。『スノースマイル』以降の曲から、エゴではなく”曲が望む音”という理念を持つようになり、「ユグドラシル」制作へと繋がっていく。

“(リリースの古さとして)ユグドラシルの一番最初じゃないですか。だからjupiterとユグドラシルを上手くフェードイン・フェードアウトさせる楽曲だと思う” -直井-

インディーズ期のBUMP OF CHICKENのサウンドの特徴であったメロディアスに動き回るベース。藤原に「ギターよりもギターっぽい音」と評されたほどの直井のプレイは、とにかく目立つことだけを意識していた。

“jupiterまでは誰の意見も聞かなかった。誰がなんと言おうと無視です。聞こえなかったんですよ。それが『スノースマイル』で初めてなにを言ってるのか聞こえ出した” – 直井 –

PV

2種類のPV

『スノースマイル』のPVは通常版とSpecial editの2種類がある。Special editとは、CD発売日である12月18日にZEPP SAPPOROで開催されたフリーライブ&ラジオ中継のライブの様子を映像化したものである。この日はツアーLOVE&PORKINの最終日で、公演後に観客を入れ替えて、メンバーはサイドステージに登壇し『リトルブレイバー』と『スノースマイル』の2曲を演奏した。*つまり、この日は『スノースマイル』を2回演奏したことになり、同一日としてはバンド史上唯一のことであった。




使用機材

藤原が黒いエレキギターを弾いていた!?

2002年のLOVE&PORKINから2003年のNINJA PORKINGおよび夏フェスまでは、Gibson製のLes Paul Acoustic(黒)を使用していた。メジャーデビュー後、藤原が初めてレスポールSP以外で演奏したギターである。もともとはスタジオでレンタルして試奏していただけだったが、その時着ていたTシャツの素材がボディの裏にべったりくっついてしまい、”お買い上げお願いします”となったと、藤原自らライブのMCで語っている。
1c059c448e6381a15f649c2fb42ddb6d

2004年MY PEGASUSツアーからはGibsonのJ-45(黒)を使用して演奏している。
J45EBVOS-1

ライブ演奏記録

セットリスト

意外にも、2004年MY PEGASUSツアー以降はレギュラーセットリストとしては組み込まれていない。「恥ずかし島」やアンコールでの演奏が多い。

アコースティック演奏

2005年8月10日に愛・地球博で行われた200名限定プラネタリウムライブで演奏されており、空から雪が降る演出がなされた。

2013年のベストアルバム発売記念ツアーWILLPOLISでは、「恥ずかし島」にてアコースティック編成で演奏された。



【関連記事】2004年ツアーMY PEGASUSのセットリストはこちら
【関連記事】楽曲解説 – ダンデライオン