BUMP OF CHICKENの楽曲

カップリング曲

楽曲解説「夢の飼い主」藤原基央の夢に対する想い

「夢の飼い主」はBUMP OF CHICKENのシングル『車輪の唄』収録のカップリング曲です。 「夢の飼い主」の歌詞は、夢を生き物に喩えて飼い主との関係性の変化を表したストーリー性のある歌詞の楽曲です。この楽曲はライブとライブの合間に...
6th Album 『COSMONAUT』

楽曲解説「透明飛行船」藤原が意地で書いた1曲

BUMP OF CHICKENの「透明飛行船」は6枚目のアルバム「COSMONAUT」収録の楽曲です。 ボーカル・ギターの藤原基央さんが過去の自分の体験を追憶しながら、現在の問いの答えを見つけようとする楽曲です。藤原さんは「透...
未発表曲

楽曲解説「木漏れ日と一緒に」Silver Jubileeで初披露した未発表新曲

「木漏れ日と一緒に」はBUMP OF CHICKENの未発表新曲です。燦々と光り輝く増川さんのエレキギター、藤原さんの温かみのあるアコースティックギターが印象的なミディアムテンポの楽曲です。CメロはBUMP OF CHICKENとして珍しく1音下がった転調になっており、「デザートカントリー」以来のアレンジになっていま...
5th Album『orbital period』

楽曲解説「arrows」- 3回の《一緒にここから離れよう》のそれぞれの意味

BUMP OF CHICKENの「arrows」の歌詞は一体どんな意味が含まれているのでしょうか。この記事ではインタビュー等の公式情報をもとにお伝えします。英語では「矢」を意味し、複数形であることから歌詞に登場する「君」と「僕」を指しており、藤原基央さんはサビ終わりの歌詞は3回とも意味が異なると明かしています。
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説「Title of mine」 “人を嫌うのは、人がそばにいるから”

「Title of mine」はBUMP OF CHICKENのアルバム『jupiter』に収録された楽曲です。 ボーカル・ギターの藤原基央さんは、「Title of mine」の歌詞の意味の重さに耐えられず、ボーカルブースで...
6th Album 『COSMONAUT』

楽曲解説「R.I.P.」藤原基央が幼少期に見たR.I.P.の文字

BUMP OF CHICKENの楽曲「R.I.P.」の歌詞の意味と制作背景について解説します。 「R.I.P.」とは《安らかに眠れ》を意味する英語 "Rest In Peace"の略です。作詞作曲を手掛けたボーカルの藤原基央さ...
7th Album『RAY』

楽曲解説「morning glow」出会った事実と別れるわけではないという意味

BUMP OF CHICKENの楽曲「morning glow」の歌詞の意味と制作背景について解説します。 「morning glow」とは英語で「朝焼け」を意味します。この曲は一度制作を中断し、3年後にレコーディングされるこ...
5th Album『orbital period』

楽曲解説「メーデー」救難信号を挟んだ両者の物語

「メーデー」はBUMP OF CHICKENが2007年に発売した通算13枚目のシングル曲です。 子供の頃に見た映画で <メーデー!>と叫ぶ姿が印象的に残っていたという、作詞作曲の藤原基央さん。 救難信号を意味す...
7th Album『RAY』

楽曲解説:虹を待つ人 シンセサイザー・プログラマーが語る音へのこだわり

BUMP OF CHICKENの楽曲「虹を待つ人」の歌詞の意味と制作背景について解説します。 2013年8月にBUMP OF CHICKEN初のデジタル配信シングルとしてリリースされた「虹を待つ人」。近年のライブでは高い確率で...
8th Album 『Butterflies』

楽曲解説:Butterfly EDMサウンドとバンドサウンドの融合

BUMP OF CHICKENの楽曲「Butterfly」の歌詞の意味と制作背景について解説します。 エレクトロなEDMサウンドとバンドサウンドを融合させた「Butterfly」。作詞作曲を手掛けたボーカルの藤原基央さんとプロ...