増川弘明

コラム

増川弘明の使用ギター・エフェクター機材一覧

今回はBUMP OF CHICKENのギタリスト・増川弘明さんの使用ギター、エフェクター機材、アンプ機材を紹介します。 増川氏のギターといえばギブソン・レスポール・スタンダードのイメージですが、実はストラトキャスター、SG、テ...
コラム

増川弘明 vol.2 BUMP OF CHICKENのギタリストとしての歩み

以前書いた記事「 増川弘明 vol.1 - ギター教室での特訓 -」に足を運んでくださる方が多く、Google検索すると「増川 ギター下手」とサジェストが出てくるので、みなさんBUMP OF CHICKENのギタリスト・増川さんのギターの腕...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:「キャッチボール」増川弘明のギターから生まれた曲

「キャッチボール」はBUMP OF CHICKENのアルバム『jupiter』に収録されている楽曲です。BUMP OF CHICKENの楽曲で唯一、ギタリスト増川弘明さんが作詞作曲に関わった作品です。 2001年、藤原基央さん...
メンバー全般・バンド活動

メンバー vol.2 – それぞれの書いた”BUMP OF CHICKEN”のサイン –

千葉県佐倉市の幼なじみ4人組で結成されたBUMP OF CHICKEN。バンドが世間に認知されるにつれて、観客からサインを求められるようになりました。インディーズ時代から出待ちなどをしていたファンにサインを書いたりしていたようで、それぞれの...
インディーズ期

BUMP OF CHICKENの歴史 HISTORY & BIOGRAPHY

1994年 文化祭 中学3年の文化祭で藤原、直井、升の3人と文化祭実行委員長を含む7人組バンドを結成。委員長が3人に『俺ビートルズやりたいからお前ら一緒にやろうぜ』と声をかけた。The Beatlesの「Twist and ...
4th Album 『ユグドラシル』

楽曲解説「fire sign」悩める増川弘明に贈られた曲

「fire sign」はBUMP OF CHICKENの「ユグドラシル」に収録されている楽曲です。 「fire sign」の意味は直訳すると「火の印、兆候」となり、ボーカル・ギターの藤原基央さんがギタリスト・増川弘明さんの誕生...
インディーズ期

メンバー vol.1 それぞれのアルバイト

BUMP OF CHICKENのメンバーのアルバイト歴について紹介します。国民的アーティストとなったBUMP OF CHICKENの4人も、メジャーデビューするまでは普通の若者でした。バンドで生計を立てるまでにしてきたアルバイトを紹介します...
コラム

増川弘明 vol.1 – ギター教室での特訓-

BUMP OF CHICKENのギタリスト、増川弘明さん。藤原基央という絶対的なメロディーメーカーの陰に隠れつつも、忠実にギターを奏でてバンドサウンドを支える役割を担っています。数年前までのネット上では演奏力について議論されたりしていました...