3rd Album 『jupiter』

3rd Album 『jupiter』

楽曲解説「Title of mine」 “人を嫌うのは、人がそばにいるから”

「Title of mine」はBUMP OF CHICKENのアルバム『jupiter』に収録された楽曲です。 ボーカル・ギターの藤原基央さんは、「Title of mine」の歌詞の意味の重さに耐えられず、ボーカルブースで...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:ハルジオン vol.2 – ファミレスで付けたタイトル

前回の記事ではハルジオンの曲作りのきっかけと、天体観測への反省から生まれたサウンドメイキングについて紹介しました。今回はサウンドメイキングの続きと歌詞について紹介します。 関連記事:ハルジオン vol.1 - 天体観測に対する反省から...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:ハルジオン vol.1 「天体観測」に対する反省から生まれた音

「ハルジオン」はBUMP OF CHICKENの通算4枚目のシングル曲です。藤原基央さんが「音の洪水」と「詞」に向き合って生まれた楽曲です。 この記事では「ハルジオン」の歌詞解釈や意味について解説します。 ...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:ダイヤモンド 汚さを吹き飛ばす宝石の輝き 歌詞の解釈と意味

BUMP OF CHICKENの「ダイヤモンド」は2000年にリリースした楽曲で、バンプにとってメジャーデビューシングルとなりました。 「ダイヤモンド」はメジャーレーベルから契約の話を受けて、世の中の汚い部分を感じつつも「全部...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:「キャッチボール」増川弘明のギターから生まれた曲

「キャッチボール」はBUMP OF CHICKENのアルバム『jupiter』に収録されている楽曲です。BUMP OF CHICKENの楽曲で唯一、ギタリスト増川弘明さんが作詞作曲に関わった作品です。 2001年、藤原基央さん...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:天体観測 藤原基央が”全ての哲学を込めた”歌詞の意味

「天体観測」はBUMP OF CHICKENが2001年にリリースした楽曲です。「天体観測」の歌詞の意味について藤原基央さんは"21年間生きた全ての哲学を込めた"と語ります。「天体観測」の歌詞の意味は「雨の唄」であり、さらに「今を歌っている唄」であると解説しています。ギターコードは"小泉今日子の曲くらいしか...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:ベル vol.1 – 藤原の携帯電話への着信

「ベル」はBUMP OF CHICKENの『jupiter』に収録されている楽曲です。ゆったりとしたテンポと優しい歌詞が特徴的な日本語詞最初のバラード曲です。 発表から14年後の2016年の20周年記念ライブ「20」にて初めて...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説:メロディーフラッグ vol.1 記憶喪失になった友人に贈った唄

メロディーフラッグ:基本情報作詞作曲:藤原基央 作曲時期:2001年 リリース日:2002年2月20日 3rd Album 「jupiter」 ライブ初披露:2001年7月21日 Surf Porkin' 千葉LOOK ...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説「ベンチとコーヒー」 藤原から直井へのプレゼント

「ベンチとコーヒー」はBUMP OF CHICKENのアルバム『jupiter』に収録されている楽曲です。 「ベンチとコーヒー」はボーカル・藤原基央さんからベーシスト・直井由文(チャマ)さんへ誕生日プレゼントとして贈られた曲で...
3rd Album 『jupiter』

楽曲解説「Stage of the ground」歌詞に隠された子供の名前

「Stage of the ground」はBUMP OF CHICKENのアルバム『jupiter』収録されている楽曲です。この曲はBUMP OF CHICKENを支えるスタッフの子供に向けて贈られた曲として書かれました。 ...