楽曲解説:話がしたいよ – 藤原の体力消耗とバス停の景色

「話がしたいよ」は全国ツアー終了後にタイアップ制作が重なり疲労した状況から生まれた楽曲です。歌詞には藤原基央さんの「力の抜けた状態」で書かれた心理的な動きが書かれています。増川弘明さんの使用機材はFender Jazz Masterを使用してレコーディングしました。

楽曲解説:宝石になった日 クールなサウンドと情熱的なプレイ

「宝石」の歌詞の意味は何か。藤原基央さんは "輝くもの" を別の言葉で表現する傾向があります。例えば「プラネタリウム」のインタビュー では「夢」「星」「光」を同義で捉えていると語っていました。「宝石になった日」や「GO」では"輝くもの"の意味を「宝石」と表現しているのです。

楽曲解説:pinkie vol.1 「桜」と「小指」に込めた歌詞の意味

「桜」をテーマに書かれた「pinkie」の歌詞には時間に関係する「未来」「明日」「今」「今日」「過去」という言葉が登場します。桜=時間の移り変わりの象徴として「観念的(本人談)に描かれています。一方、英語の「pinkie」は日本語で「小指」の意味を持ち、「約束の象徴」として暗喩されることがあります。