メンバー vol.6 – プロデューサーMORの正体

BUMP OF CHICKENの楽曲は歪んだエレキギターからアコースティック、EDMまで幅広いサウンドが魅力的です。曲に個性を与えるアレンジやアイデアを出しているのがプロデューサーのMORさんです。バンプサウンドの「中の人」とも言える影の立役者、MORさんについて紹介します。




MOR = 森徹也(モリ・テツヤ)

STAR FIXのボーカルとして

MORさんの本名は森徹也(モリ・テツヤ)さんといい、プロデューサー名の「MOR」は名字の「MORI」から取っているようです。森徹也さんは若い頃に5人組ロックバンド「STAR FIX」のボーカルとしてCD・レコードデビューした過去を持ちます。

STAR FIX / STAR FIX

アルバム全11曲のうち全曲を作曲、8曲を作詞しています。まさに作詞作曲をこなすフロントマン的存在でバンプの藤原基央さんと同じ立ち位置ですね。STAR FIX(スターフィックス)はシングル2枚とアルバム1枚をリリースをしたあと、HYSTERIC BABY(ヒステリックベイビー)とバンド名を改名したものの最終的に解散します。

ちなみにSTAR FIXの名前の由来は「FIXED STAR = 恒星」から来ています。天体大好きの藤原さんと似ていますね。

音楽プロデューサーとして

バンド解散後はレコード会社ビーイングに籍を置き、相川七瀬さんなどへ楽曲提供(曲のみ)を行っています。その後はバンプやミスチルが所属するトイズファクトリーに勤めてプロデューサー業をはじめ、2004年頃から独立してフリーの音楽プロデューサーになったようです。

BUMP OF CHICKENのCDにMORとクレジットされるのは2004年「ユグドラシル」からですが、そのずっと前(おそらくダイヤモンド)から関わっていました。jupiterのレコーディング映像ではトイズファクトリー所属時代の森徹也さんが映っています。




BUMP OF CHICKENのサウンドを支える存在

サウンドメイキング

MORさんはバンプの楽曲制作において、曲のコンセプトやリズムなどのアイデアを提供したり、サウンドメイキングの方向性を与えます。

MORによるアレンジのアイデア (一部抜粋)

モーターサイクル ループするPV
HAPPY バスドラムのリズム
友達の唄 ストリングス
ゼロ 曲名、イントロのサウンド
firefly リズム、リムショット、タンバリン、間奏のコーラス
ほんとのほんと ピアノの基層低音
恥ずかし島 サブステージのアイデア

FLAME VEINや THE LIVING DEADの2枚はセルフプロデュースでした。メジャーデビューをしてから確かにアレンジやサウンドの幅は広がったと思いますが・・・少し多すぎる気がします(苦笑)純粋にバンプの4人が考えたアレンジを聴きたいなー、と。藤原&MORでアレンジを考えて、それを3人がコピーするという流れ、それでいいのか・・・。ちょっとクレームです。

とはいえ、MORさんのプロデュースにより商業的に成功しているのも事実です。より作品が音楽市場で輝くように、多くの人の手に届くようにするサポートをするのがプロデューサーの仕事と考えれば、間違いなく有能と言えるでしょう。

藤原への作曲リクエスト

2009年から藤原さんへの作曲のリクエストをしていた時期がありました。それまで自宅で推敲に推敲を重ねて、ときに何ヶ月もかけて曲を書いていた藤原さん。見かねたプロデューサーが「スタジオで曲を書こう」と提案したことにより、藤原さんの作曲スピードが格段に上がりました。

orbital periodの頃の寡作の時期に「そんなに悩まず沢山曲書いて」と思っていたので沢山曲が出来るきっかけを作ってくれて感謝ですね。

MORによる曲のリクエスト

お題 藤原が書いた曲
シングル 分別奮闘記
シングル R.I.P.
四つ打ち 宇宙飛行士への手紙
pinkie
クリスマス Merry Christmas
ゴスペル angel fall
ジャカジャーンな曲 good friends

リクエストでこんなに素晴らしい曲が書ける藤原さんの作曲センス、素晴らしいですね。




演出・セットリスト・プロモーションのプロデュース

ライブの演出

MORさんのプロデュースは楽曲制作に止まりません。2013年頃からはじまったPixMOBというライブ参加者に配られる光るリストバンドの導入もMORさんのアイデアです。


私は2013年8月9日のベストアルバム発売記念ライブを観に行きました。そのときにPAブース(演出・音響を制御するブース)の目の前にいたのですが、目の前に森徹也さんがいました。曲が始まる直前にリストバンド(PixMOBの1つ前の機種だと思いますが)のライトつけるようスタッフに指示したりしていました。

また「恥ずかし島」(サブステージ)の導入もプロデューサーのアイデアです。恥ずかし島により曲の新しい一面が垣間見えるようになりました。

セットリスト決め

セットリストは昔はメンバー自身が全曲決めていましたが、いつのまにかスタッフやプロデューサーのアイデアも多く採用されるようになったそうです。

20周年記念ライブ「20」のときに「久しぶりに全部自分たちで決めた」と述べています。ベルや懐かしい曲をやってくれるなら、メンバー自身に決めてもらいたいですね(笑)

メンバーとプロデューサーの関係

このようにBUMP OF CHICKENの活動において、もはや欠かせない存在となっているプロデューサー・MOR(森徹也)さん。

ベースのチャマさんはスノースマイルの録音時にベースをダメ出しされて録り直したエピソードを話していましたし、升さんはプロデューサーのアイデアのリズムを採用しています。上下関係ではないですが、メンバーからの信頼はとても厚いようです。

人形劇ギルド – GUILD66

映像作品「人形劇ギルド」(2006年)のもっとも深い炭鉱として描かれているGUILD66。この66という数字は「プロデューサーが好きな数字」から付けました。ちなみにMORさんの車のカーナンバーも「66」だそうです。

66号線

COSMONAUTに収録されている「66号線」という曲はプロデューサーと藤原さんの関係を彷彿させる歌詞が書かれています。<あなたが聞けという横で僕はこれを書いてる>や<声をなくしたら僕じゃなくなる それでも好きだと言ってくれますか>という部分はスタジオの藤原さんとMORさんの二人の光景が想像されます。

藤原の衣装「33」

2013年から着用しているライブ衣装はメンバー各自デザインが異なります。さらにメンバーごとにいくつかの種類を持っているようですが、藤原さんのある衣装には「33」という数字が入っています。「66」と「33」は何か関係があるのでしょうか。ちなみに昔藤原さんのつw・・・けふんけふん、おっと誰かきたようだ。

MORロゴTシャツ

夏フェスでMOR/66のロゴが入ったシャツを着たメンバーの姿がTVに映ったことがあります。「O」の中には十字がありますね。バンプの4つ星をつなると十字になりますが関連はあるのでしょうか。それにしてもプロデューサーの名前をTシャツにして着るなんて、本当に厚い信頼関係ですね。

まとめ

ここまでプロデューサー・MORさんについてまとめてみました。メジャーデビュー後の活動を影から支え、バンプを国民的バンドまでのし上げた名プロデューサーMORさん。もはや「BUMP OF CHICKENの5人目のメンバー」といっても過言ではないくらい、中心的で欠かせない存在になっています。

これからもバンプの4人とプロデューサーさんとでたくさんの名曲を生み出して欲しいです。以上、BUMP OF CHICKENのプロデューサー・MORさんに関する紹介でした。




コメント

  1. 月の光 より:

    初めまして。たまに読ませてもらって楽しませてもらってます。
    33という数字はエンジェルナンバーと呼ばれる確か生年月日から計算される数字だったと思います。メンバー全員そのエンジェルナンバーだったはず。
    あとR.I.P.の曲名間違えてますよ。

    • 管理人 より:

      月の光様、初めまして。
      エンジェルナンバー、初めて知りました。情報ありがとうございます。
      PONTSUKAか何かで話された内容でしょうかね。確認してみます。

  2. イヌウエ より:

    Twitterでお世話になっております!
    自分の曖昧な記憶で本当に申し訳ないのですが、藤原だったかが以前「レコード会社をトイズに決めた」理由の一つに、「憧れの人がいたから」か「憧れの人と一緒に仕事してる人がいたから」的なことをインタビューで答えていた文面を読んだことがあります。それが誰か、何かは明言されていなかったのですが……。森徹也は当時、同じトイズ所属だったeastern youthをディレクションしていました。イースタンはかなり当時から一目置かれていた、日本語でゴリゴリのロックをやっているバンドで、いわゆる下北沢みたいな小さなライブハウスで人気があったバンドでした。それこそ98年当時、バンプみたいなバンドは憧れていたんじゃないかな……なんて推測を個人的にはずっとしています。イースタンのディレクターをしていたから、森徹也にバンプは最初の部分の信頼を置いたのではないか? と……。管理人さんは、この記事については読んだことがございますか? もし私の推理が正しければ、バンプが森徹也に繋がった直接的な理由になるので、非常に重要な記述になるのではと思いまして……! 勝手な推測で恐縮です!
    森徹也の目の前でライブを見たことがあるなんて超レアな経験、羨ましいような何というような……!

    • 管理人 より:

      イヌウエ様
      コメントありがとうございます。
      恥ずかしながら、eastern youthというバンドを初めて知りました。なるほど、バンプと森さんが繋がっていくわけですね。
      バンド側がなぜトイズ(森さん)に興味を持ったかはわからなかったので、非常に勉強になります。

      ちなみにPA卓テントの中には森徹也さんの他にK崎さん、N村さんと女性(蜷川さんもしくはYOSHIKOさん?)がいらっしゃいました。
      こちらこそ貴重なお話ありがとうございます。

  3. イヌウエ より:

    それと、榎本くるみの現場に藤原を引っ張り出したのも森徹也さんですね!藤原が関わっていない榎本くるみのファーストアルバムは、森徹也単独プロデュースで、確か作曲などもしています。

スパムがひどいので凍結します