楽曲解説:supernova vol.1 – なくなった後に知る大切さ

supernova:基本情報作詞・作曲:藤原基央
作曲時期:2005年
録音時期:2005年夏-秋
録音場所:一口坂スタジオ
リリース:2005年11月27日 11th Single 「supernova/カルマ」

「supernova」はBUMP OF CHICKCENの11枚目のシングルCD『supernova / カルマ』として発表された楽曲です。

藤原基央さんがゴスペルを意識して書いた曲で、歌詞のないサビ「ラララ」の大合唱が定番となっているバラードです。今回は「supernova」の解釈・考察について紹介します。

11th maxi single「カルマ/supernova」(3ヶ月限定生産版)



「カルマ」のカップリング曲として書く

「supernova」はPS2ソフト「テイルズオブジアビス」の主題歌として11月の発売が決まっていた「カルマ」のカップリングとして書かれた曲でした。

藤原 – ”カルマ”がシングルって確か決まっていて、そのカップリングの曲を書かなきゃ見たいな感じで書いたのがこの曲だったんです。だから”ロストマン”の時みたいに、そんなに一生懸命ああでもないくでもないとやったわけでなく、わりとサラっとできて。

藤原さんは「カップリング用」としてスタッフに発注されて曲を書くことがこれまでにもありました。「睡眠時間」「乗車権」「銀河鉄道」などがそれにあたります。(「乗車権」は完成後に曲調を考えてアルバム収録にされました。)

参考:藤原基央がカップリング用に書いた曲
「睡眠時間」 「オンリーロンリーグローリー」のカップリングとして
「乗車権」「オンリーロンリーグローリー」のカップリングとして
「銀河鉄道」「プラネタリウム」のカップリングとして

関連記事:睡眠時間 vol.1 – おじいさんに向けて大慌てで書いた曲

「カルマ」の制作現場でメンバーへ初披露

「カルマ」のレコーディング終盤の日、藤原さんの喉の調子がよくなくボーカル録りを中止する日がありました。代わりに「supernova」のデモ音源をメンバーに聴かせます。

藤原 – 「カルマ」の歌入れのときに、まったく声出なくて、「駄目だ、今日歌えねえや」ってなって。でも、せっかくスタジオ取ってるし、時間もったいないし、「あぁ、もう一曲出来てるよ」って。「それのデモを今録っちゃおうよ」ってことでやったんです。

出典:excite music インタビュー 2005.11

カップリング用として書かれた「supernova」ですが、レコーディングを経て曲の持つ大きな意味に気付いたメンバーは両A面シングルとして発表することにしました。


supernova = 超新星爆発

supernovaとは超新星爆発のことを意味する英語の天文学用語です。超新星爆発とは、星の寿命が尽きる際に、大きなエネルギーを放出してしばらく発光し続けながら最期を遂げることを指します。

ただ地球から観測される超新星爆発の光は何万光年、何億光年と離れた位置のものであるため、実際に私たちが爆発の光を目にしている時には既に星は消滅しているのです。

カニ星雲の超新星爆発 フリー素材より<http://www.h6.dion.ne.jp/~thousand/sub6.html>

藤原さんはこの「見えているものが既にない」「いなくなった後に気付くこと」に対して切なさや強い思い入れがあると語っています。

藤原 – この”supernova”の感覚は、もうちっちゃい頃からあるんです、ほんとに。なくなった時に絶対大事だって思うんだから、そういうものに気付いていきたいんだっていう切ない気持が、ほんとにちっちゃい頃からあります。

消えたあとに知る大切さを、今知る

「supernova」の歌詞では、消えたあと、変わったあとに気付くsupernovaの概念を説明的に歌っています。

君を忘れた後で 思い出すんだ 君との歴史を持っていた事
君を失くした後で 見つけ出すんだ 君との出会いがあった事

引用元:「supernova」詞:藤原基央 

そして藤原さんが言いたいことは次の歌詞に集約されています。

君の存在だって いつでも思い出せるけど
本当に欲しいのは 思い出じゃない今なんだ

引用元:「supernova」詞:藤原基央 

藤原さんは、「なくしたあとに後悔しないために」という予防策ではなく、「なくした後に感じる大切さを、なくす前に気付いてあげよう」と歌っています。

ライブで歌うことについて

supernovaは2006年の初披露以降、主にライブの終盤で演奏されてきました。これは本人たちも自覚してセットリストの位置を決めているようです。

藤原 – ライブでは割と終盤の肝になってくる曲ですね。

ライブが終わるかも知れない、家に帰って明日になれば「もっと楽しめばよかったな」とか「もっと声を出せばよかったな」とか思ってしまう人もいるかもしれません。そんな人に向けて、藤原さんは最近のライブでは次の歌詞を付けたします。

君の存在だって いつでも思い出せるけど
本当に欲しいのは 思い出じゃない今なんだ
今日なんだ

出典:「supernova」詞:藤原基央 

この瞬間が大切だということに今気付こう、というこの歌のメッセージはライブ終盤に演奏することで説得力が増し、さらに会場全体で「ラララ」を歌うことで濃密に共有されます。

もともと「カップリング用」として書いたsupernovaでしたが、こんなにも大きな意味を持つ曲を書いてしまうなんて、藤原さんの作詞の才能にただただ驚かされるばかりです。

もしライブでsupernovaの合唱に参加する際に、今回の記事のことを少しでも思い出せばまた違った聴き方が出てくるかもしれませんね。以上、supernovaの紹介でした。